皮膚科専門医に診てもらいました!

おはようございます。

ここ数日で、かなり広範囲になったエマの首の舐めハゲ。
やはりどう考えてもおかしい、普通ではないと感じ皮膚科のある動物病院を探し行ってきました。
皮膚科の専門医の先生に診ていただきました。


可愛い


最初に食べているフードやサプリを先生にお知らせし、その上でエマの首を診てもらったら、すぐに先生は「アトピーっぽいね」って。
そして血液検査、そして首の傷の皮膚細胞診、毛根検査をしていただきました。

かなりショッキングな首ですけど、今現在こんなになってしまいました。


二日前


こんなふうになるには、まずは大きく分けて3つ考えられると。

一つはアトピー性皮膚炎。
二つ目は食物アレルギー。
三つ目に真菌やノミダニなどによるもの。


悪化


真菌は陰性、そしてノミダニに関しては私からの聞き取り調査だけですが、症状を見るからに考えられないだろうと。

では、残る二つは?というと、血液検査によってアトピー性皮膚炎かもしれないし、食物アレルギーかもしれないし、もしくは二つともって可能性もあると判明。


悪化2


血液検査の結果で、なぜアトピー性皮膚炎や食物アレルギーであろうということがわかったかと言うと。

表で赤く丸がついているところ、白血球の一種である好酸球の数値が異常に高いこと。

それに加えて白血球全体における好酸球の割合も高いため強いアレルギー反応が出ているということ。


検査結果


エマの場合、とにかく強いアレルギー反応なので両方である可能性の方が高いでしょうと。
でもその割合はわからないから、とにかくアトピー性皮膚炎と食物アレルギーの両方の治療を始めましょうということになりました。

アトピー性皮膚炎の方にはシクロスポリンという液体のお薬を処方されました。
今の炎症がかなり強いため、薬の量も最初多い状態から始めて、効き方を見ながら減薬していく方向になりました。
このシクロスポリスはアトピー性皮膚炎にしか効かないお薬だそうです。

食物アレルギーに関しては、アレルゲンとなるタンパク質の種類を減らすことを目的として、まずはメインで食べているドライフードのみに絞ることを提案されました。

今日からウェットも全てのおやつはなし。

可哀想ですが、アンテオにも道連れになってもらいロシアンズ全員でおやつなし生活をすることに決めました。


ご機嫌


水分補給、特にトイレの間隔が長くなるアンエマにウェットをあげないのは、膀胱や腎臓にもどうなるのか不安だったので、先生にお尋ねしたら、ウェットフードを水増ししてあげるよりは、例えば鰹節で出汁をとっただけのスープの方がタンパク質の種類が少なくなって良いかなと。

シクロスポリンの副作用についてや減薬のタイミングなど、詳しくお話を聞いて次回は2週間後に通院することになりました。

エマ、本当にごめんね。
もっと早く専門の先生を探して診てもらっておけばよかった。
痒くて痒くてたまらなかったんだよね。
甘えん坊になったと言って喜んでいたけど、痒くてなんとかして!っていってたのかもしれないと思うと、もう泣けてきて。
本当に可哀想なことをしたなと後悔。
でも後悔したって遅いんだよね。

とにかく今日から。

薬とおやつなし生活で、快適な毎日が戻るように頑張るしかない。
もう泣かない。
ママも頑張るよ。



Tres Elegantes gatos Azules





にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
クリックしてもらえるとうれしいです!!m(__)m


プロフィール

主役1: アン Anne

2013年6月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役2: エマ Emma

2014年3月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役3: テオ Theo

2015年7月、京都生れの
ロシアンブルーです。♂


書いてる人: Anne ママ
ニャンコ大好き、アン、エマ、テオのママです。
新しい家族テオを迎え6人家族になりました。長女(ニンゲン)次女(ニャンコ)三女(ニャンコ)長男(ニャンコ)ともに我が家の大事な宝物です。
アンエマテオの可愛い毎日の様子をお届けします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加してます
こちらと↓ にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ こちらも↓ ブログランキング・にほんブログ村へ クリックしていただけると1日1回分ランキングに反映される仕組みですm(__)m
アンが家族になって
エマが家族になって
テオが家族になって
検索フォーム
リンク