アンちゃん、一大事(涙)

昨日は、我が家にとって一大事!


アンが初めてケロってしまったのでした(涙)


ここ最近、毎朝の日課としてホットタオルでアンの身体を拭いてやり、ファーミネーターでブラッシングしています。


当然、アンには楽しい事ではないのでオヤツでごまかしながらやっておりました。


その後、画像のようにひなたぼっこをご機嫌さんでしていたアンちゃん


正面


私は今のうちに‥‥と掃除機を掛け、部屋の片付けをしてお茶でも飲みましょうかとお台所へ行くと。


アンがお台所のマットの上で私の足に手をかけて『にゃーーーーーーん』と今まで聞いた事も無い大音量、しかもものすごい低音で2回鳴いたのです。


え?もしかして発情期来ちゃった?とか、とっさにトンチンカンな事を考えていたら、アンの身体が波打ってごぼごぼーってお腹からすごい音がしたと思ったら、ケロっと。


ケロって簡単に出たわけじゃなく、そりゃ苦しそうに這いつくばって(涙)


私もパニックです。


身体をさすってやる事も出来ないし、とりあえず見守っていると、3か所でケロってしまいました。


朝にあげたオヤツの色と匂いのケロでした。


すぐにパパに電話して動物病院に電話して、先生から指示して頂き何とか平静に戻った情けない私。


アンはその後はスッキリしたのか、異常なハイテンションで走り回る走り回る!


捕まえられない程でした。


先生の指示通り、6時間絶食と絶飲して様子をみて夕方になりお水から与えてあげ、ケロル様子が無いのでカリカリもあげようと出しても、『そんなもんはいらん!』みたいな感じで、全く食べず。


かといって、欲しくないわけでもなく、自分の好きなオヤツだけを欲しがっていた、ワガママ姫になってました。


夜には何とかカリカリも食べてくれたので、一安心。


その間、ずっと元気に走り回っているので大丈夫であろうとは思っていましたが、やはりあのしんどそうな辛そうな様子を思い出すと可哀想で。


わかってるんです!それくらいあり得る、少しケロッたくらいで病気でもあるまいし、大丈夫!とわかってるつもりですが、心配で心配で今日は一瞬も目を離す事無く、ずっとくっついていました。


アンもすぐに抱っこといって、ずっと私に抱かれているし、お腹でも痛ければ抱っこもさせないだろうから、身体のどこかに痛みがあるわけでも無さそう。


あかんたれのママとケロッたアンの、ヒヤヒヤ涙の一日が終わったのでした。


直前まで、こんなに可愛くてこんなに元気だったのに。


上向き



横向き


健康で毎日一緒にいてくれるという事が、どれだけ大切か、たったこれだけの事で実感しました。


アンちゃん、どうか元気でいてね。



にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
クリックしていただけると1日1回分ランキングに反映される仕組みですm(__)m

プロフィール

主役1: アン Anne

2013年6月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役2: エマ Emma

2014年3月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役3: テオ Theo

2015年7月、京都生れの
ロシアンブルーです。♂


書いてる人: Anne ママ
ニャンコ大好き、アン、エマ、テオのママです。
新しい家族テオを迎え6人家族になりました。長女(ニンゲン)次女(ニャンコ)三女(ニャンコ)長男(ニャンコ)ともに我が家の大事な宝物です。
アンエマテオの可愛い毎日の様子をお届けします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加してます
こちらと↓ にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ こちらも↓ ブログランキング・にほんブログ村へ クリックしていただけると1日1回分ランキングに反映される仕組みですm(__)m
アンが家族になって
エマが家族になって
テオが家族になって
検索フォーム
リンク