掻き掻きすること、善し悪し。

おはようございます。
今日の本文と画像は、関連性はございません。
また、少し美しくない内容でございます。
(いえ、むしろ思いっきり汚い話でございますので、苦手な方は画像のみご覧下さいませ。)


アンアップ


以前少しこちらでも触れましたが、エマはトイレのあとしっかりと砂を掻いて隠してくれます。
その隠し具合は、職人技で大きい方の後でも全く姿形が見えない、探して発掘しなければお掃除が出来ない程の完璧さです。
そして、アンは掻かない。トイレの周り(プラスチック部分を一生懸命掻く時はある)だけ気が向いたら掻いてる。
エマはそんなアンねぇねのお始末もしっかりと掻きに走ってくれる程の几帳面さん。(トイレに関してだけ)


エマお座り上向き


そこで問題なのが、排泄物の固さ。
普段のコロコロしたものだと、エマも手足を汚すこと無く上手に掛けるのですが、柔らかかった時が悲惨。
今まで2度経験しただけで、まだそれ程被害はありませんが、その時は参った。
直接触るわけでもないし、砂を掛けるだけの動作のはずなのですが、掻くことにエキサイトしてきたら踏んでしまうことがあるんですよね。


アンエレクトーン上


そして一昨日の出来事。
エマが珍しく戻しました。
当然、掻きますわな。
以下、自粛。
大惨事であったことは用意にご想像がつくことと思います。
幸いにもフローリングの上だったので、まだマシだったと思いますが。

アンは当然、掻きません。
戻してもそのまま放置するか、うんと離れた遠い場所で掻いているか。


エマキャットウォーク


そんなこんなも、ニンゲンがそばに居ていつでも見守ってあげていればそこまで被害は大きくならないし、その後身体を洗ってあげることも出来ます。
しかし、いつもかもそばに居てあげれるわけじゃない。

たまたま見ていないとき、出かけていたとき、そんな時にこれらのことが起こっていたら、もっと被害は大きくなっていたのでしょう。


掻くのが悪いことばかりではありません。
エマはご馳走様、としていらなくなったらお皿周りをカキカキして教えてくれます。
とっても判り易くて可愛い動作なんですよね。


ニャンコの本能として行っている行動だし、良いや悪いや言ったところでどうしようもありませんが、ニンゲン目線から言わせてもらうと、ちと困った現象かもしれませんわ。


でも、エマたん。
いつでも好きなところで、好きなだけカキカキしてくださいませよ。



にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
クリックしてもらえるとうれしいです!!m(__)m

プロフィール

主役1: アン Anne

2013年6月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役2: エマ Emma

2014年3月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役3: テオ Theo

2015年7月、京都生れの
ロシアンブルーです。♂


書いてる人: Anne ママ
ニャンコ大好き、アン、エマ、テオのママです。
新しい家族テオを迎え6人家族になりました。長女(ニンゲン)次女(ニャンコ)三女(ニャンコ)長男(ニャンコ)ともに我が家の大事な宝物です。
アンエマテオの可愛い毎日の様子をお届けします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加してます
こちらと↓ にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ こちらも↓ ブログランキング・にほんブログ村へ クリックしていただけると1日1回分ランキングに反映される仕組みですm(__)m
アンが家族になって
エマが家族になって
テオが家族になって
検索フォーム
リンク