健気なアンちゃん

おはようございます。

やっと年賀状が完成。
って、私はなーんもしてませんがね。
パパが一人で大変でございましたの。


さて本日の主役はアンちゃん。
ときどき健気ちゃんと呼ばれるアンは、本当に本当に控えめな優しい性格の子。


アンベッド横顔


常に人に添うというか、いつもそばにいてくれる子なんですよね。
かといって、自分自分!とアピールすることも無く、静かにそっとそばにいてくれる。

私がベランダで洗濯物を干していれば、窓ガラスの向こうではいつもアンが見ていてくれる。

私がお昼寝したら、気がついたらいつも真横で寝ている。


アンベッド


エマのようにアピールが上手じゃないのか、今はダメだとか分かっているのか?
常に人の動きを見て、私の手があいた隙に「遊ぼう!」と誘ってくれる

そんな健気ちゃんにママはいつも甘えてしまう。

エマは待った無し!
豪快アピール!の子なので、我慢させるということもほとんどなく、ついついエマの都合に合わせてしまうけど、アンの場合は我慢も出来る子だからと、「ちょっと待ってね」と待たせることもしばしば。


ああ、可哀想なことをした!
アンを優先にしてあげれば良かった、と後悔することもしばしば。


アンベッド斜め向き


お姉ちゃんだから我慢しなさいねと、言うつもりはなかったはずなのにどうしても聞き分けが良くて我慢が出来る子に我慢をさせてしまう。
ママが悪いね。


エマ


エマも自由奔放で天真爛漫だけど、決して我慢が出来ない子じゃないって知ってるのにね。
アンが遊んでいるときは、じっと待って見守ることも出来るし、アンを抱っこしているときは突進してくる回数も減ってきた。
少しずつ、エマも大人になり周りを見れるようになってきた。

でも、エマはいつまで経っても家族の中では赤ちゃんのような存在で、ついつい甘やかし過ぎてしまうのかも。

アンのことが大好きで、アンを優先にしてくれるのはママではなくエマちゃんなのかもね。


アンアップ


アンもエマもどちらも同じくらい大切な我が子。
気持ちに全く差はないのに、なぜか全く同じようにする事は出来ない。
アンにはアンの個性があって、エマにはエマの個性がある。

それを尊重してあげていれば、大丈夫なのかなぁ?

子育てって難しい。

でも最高に楽しい。


にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
クリックしてもらえるとうれしいです!!m(__)m

プロフィール

主役1: アン Anne

2013年6月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役2: エマ Emma

2014年3月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役3: テオ Theo

2015年7月、京都生れの
ロシアンブルーです。♂


書いてる人: Anne ママ
ニャンコ大好き、アン、エマ、テオのママです。
新しい家族テオを迎え6人家族になりました。長女(ニンゲン)次女(ニャンコ)三女(ニャンコ)長男(ニャンコ)ともに我が家の大事な宝物です。
アンエマテオの可愛い毎日の様子をお届けします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加してます
こちらと↓ にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ こちらも↓ ブログランキング・にほんブログ村へ クリックしていただけると1日1回分ランキングに反映される仕組みですm(__)m
アンが家族になって
エマが家族になって
テオが家族になって
検索フォーム
リンク