我が家のトイレ事情

おはようございます。

今日から6月です。長女も夏服から盛夏服に衣替え。

さて、今日は『我が家のトイレ事情』について触れてみましょう。
(本文と画像は関連ございません。)



アンハンモック正面


可愛い顔してハンモックでくつろいでいるアンさん。
実は数日前は、ちょっとした事件?を起こしていたのです。

と、いうのも子供の頃からトイレの時間間隔が長いアン。
おちっこは1日1回、大きい方は1.5日に1回という感じでした。
(今朝出たら、次は翌日の夜って感じ)


アンネンネ


そのペースはほとんど崩れることもなく今までやってきていたので、エマに比べてトイレが固い子だなと思っていました。

10日ほど前のこと。

今までおちっこの間隔は長くとも24時間以内に出ていたのが、その日は30時間を超えても出る気配がない。
我慢している様子もなく、とても快適に過ごしている様子。

1日以内に出なければ、尿毒症などを起こして命の危険に関わるので、すぐに動物病院へ!とネットや本でも言われています。
まだかな、まだかな?と思って様子を見ていても出ない。

36時間超えても出なかったので、動物病院に連れて行きました。


アン横顔


すぐにエコーで診てもらって、半日お預け。
処置していただくことになりました。


アン斜め


膀胱はおちっこでぱんぱんに膨れ上がっていたところ、軽く麻酔をかけて圧迫排泄で出していただきました。
結石がないか?腎臓や肝臓に異常がないか?血液検査と顕微鏡検査もしていただきましたが、異常なし。

水分の摂り方が少し少ない程度で、全く元気で異常なし。

もっと頻繁にお水が飲める工夫をしたり、ウェットフードの比重を増やすなどして、今まで以上に水分を摂らすようにして様子を見てくださいと言われました。

そして今後も36時間を超えるような間隔になるときは、必ず連れてくるようにと。

やはり長く開きすぎると尿毒症になる恐れがあり、その場合は一瞬で恐ろしい状況になるので注意深くトイレの間隔を計っておいてくださいと言われました。


アン


少し前にトイレの目隠しを取り付けたのも、このことがあってのことでした。
エマはとってもお利口さんにアンのトイレを静かに見守ることができるようになったので、追いかけまわしてトイレを我慢せざるおえない、という状況ではありません。

しかし今までの経験から、やはりトイレに関しては警戒しているのでしょう。
そこへ急に気温も上がり、水分不足にもなって間隔が開いてしまったのでしょう。

その日から今日まで強制排泄をさせる必要もなく、自力でおちっこ出てます。
が、やはりその間隔は長く30時間から36時間ほど開いています。

でもそれがアンの普通、になりつつあるのかなぁと思って今は静かに見守っています。

ちなみに1日2回のエマたんも、最近は1日1回になりつつあります。
気温などにも関係しているのかもしれません。

明日は『我が家のお水事情』について触れてみます。




にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
クリックしてもらえるとうれしいです!!m(__)m


プロフィール

主役1: アン Anne

2013年6月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役2: エマ Emma

2014年3月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役3: テオ Theo

2015年7月、京都生れの
ロシアンブルーです。♂


書いてる人: Anne ママ
ニャンコ大好き、アン、エマ、テオのママです。
新しい家族テオを迎え6人家族になりました。長女(ニンゲン)次女(ニャンコ)三女(ニャンコ)長男(ニャンコ)ともに我が家の大事な宝物です。
アンエマテオの可愛い毎日の様子をお届けします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加してます
こちらと↓ にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ こちらも↓ ブログランキング・にほんブログ村へ クリックしていただけると1日1回分ランキングに反映される仕組みですm(__)m
アンが家族になって
エマが家族になって
テオが家族になって
検索フォーム
リンク