おしゃべりアンちゃん

おはようございます。

金メダルラッシュですねぇ。
日本人選手が頑張っておられる姿を見ると涙が出ます。
歳取った証拠でしょうか。

さて、ロシアンブルーという種類はいわゆるサイレントキャットと言われてるそうな。

どこが?


ベッド下


我が家に関して言えば、ロシアンブルーが3頭もいるのに、誰ひとりサイレントキャットではありません。

それはきっとアンちゃんのおかげでしょう。


ベッド下横顔


アンは生後2ヶ月で我が家の子になりました。
最初はそれほど鳴くことにも違和感なかったので、特別おしゃべりではなかったのでしょう。

いつの頃からか、本当によく声を出すようになり、鳴くというより完全に喋っていると言った方が正しいのではないか?という状態になりました。
それは3歳になった今も同じ。


ベッド下正面アップ


とりあえず、意思表示は声を出すこと。
態度で示す、とかの前にまずは声でこちらを振り向かせます。

もうね、いろんな声を出します。
甘える声、ちょっと怒ったような声、ササミ頂戴の催促の声などなど、あらゆるシーンに合わせてその時に似合った声を出します。


トラック中


アンがそうなもんだから、当然といえば当然のことなのでしょう。
エマもテオもかなりのお喋り。

どちらかといえばテオが一番無口な方?
無口と言っても、普通のニャンコさんよりは喋るんじゃないかなぁと思う。


エレクトーン上


アンとエマに限って言えば、動作からも声が漏れる。
高いところから飛び降りたら「うにゃ」っていうし、何かをするたびに声が漏れてる感じ。

テオはそれはしないけど、こちらを振り向かせる時の鳴き声は絶叫に近い大声。


ベッドの上


多分、アンが喋らない子だったらエマもテオもそれに習って静かな子たちだったんだろうな。

アンがうにゃっと言って、要求したことを成功に導いている姿を見ているから、これをすればいいんだ!って自然に真似してるんだと思う。


ベッド横顔


アンちゃんのおかげで、本当に毎日賑やかな我が家ですよ。

体調悪い時は、このおしゃべりが途端に少なくなるので、わかり易いバロメーターにもなっています。

ママもひとりでずっとロシアンズに喋りかけてるし、おしゃべりなのはママ似ってことね!






にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
クリックしてもらえるとうれしいです!!m(__)m




プロフィール

主役1: アン Anne

2013年6月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役2: エマ Emma

2014年3月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役3: テオ Theo

2015年7月、京都生れの
ロシアンブルーです。♂


書いてる人: Anne ママ
ニャンコ大好き、アン、エマ、テオのママです。
新しい家族テオを迎え6人家族になりました。長女(ニンゲン)次女(ニャンコ)三女(ニャンコ)長男(ニャンコ)ともに我が家の大事な宝物です。
アンエマテオの可愛い毎日の様子をお届けします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加してます
こちらと↓ にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ こちらも↓ ブログランキング・にほんブログ村へ クリックしていただけると1日1回分ランキングに反映される仕組みですm(__)m
アンが家族になって
エマが家族になって
テオが家族になって
検索フォーム
リンク