冬は生傷が絶えません

おはようございます。

今日は良い子の皆さんにはちょっとイケナイお話かも。

私、冬になると手足生傷が絶えないのです。
オバさんなので少々生足が美しくなくても、全然平気なんだけどね。

一応、夏場は人目を気にして足に傷を作らないように気をつけて生活しています。
でも冬はパンツ姿が多かったり、スカートの時も分厚いタイツを履いたりするので足が見えることはほぼない。
だから、思う存分ロシアンズにケリケリされても良いのです。

って、させるなー!って話なのでイケナイ内容なんだけどね〜。


正面座る


アンちゃん、いつものようにお澄まししてますが、結構神経集中させています。
何を狙っているかというと、言わずと知れたママの足。


ダッシュ


目にも留まらぬ速さで、ママの脛あたりめがけて猛アタック。
もう飛んでる途中から逆かさ向いて、足首をホールドしてふくらはぎを狙い撃ちしてケリケリって感じ。

信じられないでしょ?
アンですよ。
アンがするのですよ。
いや、させてるのは私。


しがみつく


何もなくても、そうやって狙われてる私のおみ足ですが、アンの大好きな雉羽根なんかを持っていたら、そりゃーエキサイトする!


すごい顔


なんの妖怪や?って感じでしょ。
アンじゃないでしょ?


ケリケリ


分厚いジーンズでも爪がプスッと入って、出血してたりします。
でもママは幸せなの。
痛いと言いながら、痛いと思いながらもアンがケリケリしてくれるのが嬉しくて。
だから、ヘンタイと呼ばれるのもわかっているのよ。

アンを真似してエマもテオもケリケリにやってきます。
ええ、そうです。

私の足はサンドバッグなわけですよ。

他の家族にはしないし、誰にも迷惑かけてないからいいかなと思って。
素足の時はしないし、させない。
そのお約束を守れている限り、冬場のケリケリは続くのである…。


上見る


なんのこと?
アンはケリケリなんて、そんなハシタナイことやったことがなくてよ。







にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
クリックしてもらえるとうれしいです!!m(__)m




プロフィール

主役1: アン Anne

2013年6月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役2: エマ Emma

2014年3月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役3: テオ Theo

2015年7月、京都生れの
ロシアンブルーです。♂


書いてる人: Anne ママ
ニャンコ大好き、アン、エマ、テオのママです。
新しい家族テオを迎え6人家族になりました。長女(ニンゲン)次女(ニャンコ)三女(ニャンコ)長男(ニャンコ)ともに我が家の大事な宝物です。
アンエマテオの可愛い毎日の様子をお届けします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加してます
こちらと↓ にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ こちらも↓ ブログランキング・にほんブログ村へ クリックしていただけると1日1回分ランキングに反映される仕組みですm(__)m
アンが家族になって
エマが家族になって
テオが家族になって
検索フォーム
リンク