見守る勇気と追記に番組告知

おはようございます。

寒い朝です。
今週は寒暖の差が激しそうです。
みなさま、くれぐれも風邪にはご注意!

さて、猫や犬との生活をされてる方なら、誰しも悩んだことがあるかと思いますが。

どのタイミングで、病院に連れて行こうか?ということ。


エマ可愛い


もちろん、迷う余地があるということで緊急性のない病気や怪我に限ります。

例えばお腹を壊したかな?とか、おしっこの間隔が短いかな?とか、そんな感じのこと。

今回私は何について悩んだかといえば、エマの涙目のこと。
エマが涙目になったり、おしっこの間隔が短くなるのは、年に数回あること。
いわゆる、よくあることなんですよね。


エマ涙


写真ではわかりにくいかもしれませんが、拡大してみてもらったら右目だけ涙でウルウルなのが見えると思います。
こういう時に迷うんですよね。

実際に涙が出る以外に、体調の変化はない。
トイレも食事も普段と変わらな状態の上、いつもと同じように元気で過ごしているということ。
ただ、右目だけから涙が出るというだけな状態。

病院に行き、何かしらの飲み薬と点眼薬をもらって点せばすぐに改善されるのでしょう。


涙


病院に連れて行くのは簡単だけど、エマにストレスをかけ余計に悪化しないとも限らない。
いくら元気に見えても、涙目になるという症状がある限り、抵抗力が落ちているのは確実であろうから病院に行って他の病気に感染する危険もあるということ。

それらのリスクを考えて、なお病院に連れて行ったほうがいいのか?
もう少し見守っておくべきなのか?


テオゴロン


連れて行かなかった場合、もっと早くに行っておけば、これほどひどくならなかったのにと後悔する可能性もあります。

行くべきか行かぬべきか?
行くとしたら、どのタイミングで連れて行くべきか?

とても悩みます。


アン覗く


悩むことは悪いことではない。
悩んで考えた末に出した結論なら、きっとどれも間違いではないのでしょう。

頭ではわかっているのですが、どうしても毎回悩むたびにドキドキ、どうしようどうしよう?と思ってしまう。


エマ治る


そして今回出した結論は、もう少し見守ろう!ということでした。

涙が出たらすぐに拭いて、涙やけにならないように気をつけてしばらく様子を見ました。
すると3日ほどで、涙は出なくなりました。
今回の判断は正しかったということでしょうか。

その3日間は、ひどくなってるんじゃない?大丈夫かな?とソワソワ落ち着きませんでしたが、見守る勇気を持ってひたすら涙を拭くことだけに専念しました。

ふー。
これからもそんなことが多々あると思いますが、その都度悩んで考えて向き合って行くしかないなと思います。






にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
クリックしてもらえるとうれしいです!!m(__)m




続きを読む

プロフィール

主役1: アン Anne

2013年6月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役2: エマ Emma

2014年3月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役3: テオ Theo

2015年7月、京都生れの
ロシアンブルーです。♂


書いてる人: Anne ママ
ニャンコ大好き、アン、エマ、テオのママです。
新しい家族テオを迎え6人家族になりました。長女(ニンゲン)次女(ニャンコ)三女(ニャンコ)長男(ニャンコ)ともに我が家の大事な宝物です。
アンエマテオの可愛い毎日の様子をお届けします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加してます
こちらと↓ にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ こちらも↓ ブログランキング・にほんブログ村へ クリックしていただけると1日1回分ランキングに反映される仕組みですm(__)m
アンが家族になって
エマが家族になって
テオが家族になって
検索フォーム
リンク