パパ写真館 その2

おはようございます。

今日はパパ写真館、第2弾です。
美しく可愛い写真とともに先日コメント欄で、あるリクエストをいただいたので、それについて書いてみたいと思います。


テオ正面


見た目の作り(骨や筋肉のがっちりさ)ではなくて、内面的なことで男女の違いはどんな感じ?と尋ねられました。

私もアンが初めてのニャンコですから、ニャンコ歴はまだたった6年。
そして比較できるほどの数の子を育ててるわけではないので、あくまでも私の個人的な意見というだけで、一般的な意見とは違うところも多々あるでしょう、ということを了承していただいて。


テオ 


男女の差で、まず顕著に現れるなぁと思ったのが依存具合。
アンエマのように、女の子は独立心が強いというか、ものすごく私に甘えていたとしても、それがずっと続くわけではなくて、さっと離れて自分の時間をしっかり持てるんですよね。

でもテオは私がそばにいたら、ずっとくっついていて本当に依存しているという感じ。
これは私もテオに依存しているので、お互い様なんですよね。
甘えるのはここまでにしておいて、あとは自分の時間を楽しもう!ってことがないように思えます。
とことん、ずっとくっついている。いつでももっともっと!と終わりがない甘え方に感じます。


エマ綺麗


そして女の子はとにかく賢い。
悪い言い方をすれば、ズル賢い。

男の子は単純。
悪い言い方をすれば、アホ(笑)

だけどね。
もう、どうしようもない時、追い詰められた時に気持ちを切り替えれるのは女の子。
男の子は、その辺の切り替えがすごく下手に思う。

根は単純なんだけど、嫌なものはとことん嫌!すごく抵抗したり、すごく怒ったり。
女の子はそこまで行かないうちに、自分で気持ちを切り替えることができるように思うな。


エマ美しい


アンエマを育て、その次にテオを迎えた時、全然違うって感じました。
もうね、種が違うんじゃない?って思うほど。

テオは猫種、ではなく犬種?って思ったもの。

どこが違う?とか考えるよりも、比べるまでもなく全く違う〜!って思ったなぁ。


アン


私の印象をつらつら書きましたが。
結局のところ、個体差っていうのもすごく関係すると思います。

男女の差っていうよりも、それすら超えた個々の個性。
同じ女の子でも、アンとエマは全然違う。
同じ兄弟でも、テオとミルくんも全然違う。


アンおすわり


我が子が一番!ってきっとみんなが思うこと。

それぞれの個性、それぞれの良さが違うからこそ、可愛くて愛おしくてたまらない存在なんだと思います。
でもね、我が子が一番って思うと同時に、よその猫ちゃんも本当に可愛くてたまらないのよねぇ。


目ちから


結局のところ、女の子だから、男の子だからっていうよりも。

それぞれ違う個性が、とても可愛いニャンコさん達。
ニャンコという、存在そのものが素敵すぎる。

これに勝るものはない!と思います。







にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
クリックしてもらえるとうれしいです!!m(__)m





プロフィール

主役1: アン Anne

2013年6月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役2: エマ Emma

2014年3月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役3: テオ Theo

2015年7月、京都生れの
ロシアンブルーです。♂


書いてる人: Anne ママ
ニャンコ大好き、アン、エマ、テオのママです。
新しい家族テオを迎え6人家族になりました。長女(ニンゲン)次女(ニャンコ)三女(ニャンコ)長男(ニャンコ)ともに我が家の大事な宝物です。
アンエマテオの可愛い毎日の様子をお届けします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加してます
こちらと↓ にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ こちらも↓ ブログランキング・にほんブログ村へ クリックしていただけると1日1回分ランキングに反映される仕組みですm(__)m
アンが家族になって
エマが家族になって
テオが家族になって
検索フォーム
リンク