初ラグビー観戦

おはようございます。

気温が上がったり下がったり、繰り返していますねぇ。
春になる前はどうしてもこんな感じが続くのでしょうが、この冬は最初っからこれを繰り返していますよねぇ。

さて、昨日は人生初めての経験をしてきましたよ。


アン横顔


この歳になって、まだまだ初めてのことがあるもんですねぇ。

ロシアンズはねぇねと一緒にお留守番してもらって。
パパと二人でトップリーグ第6節を観戦しに行ってきました。


アン


世間が騒がしくなるずーっと前からチケットを取っていたので、決行してしまいました。
でもできる限りの防寒などの対策を練って行ってきましたよ。

なにせ我が家から歩いて行ける距離にあるスタジアムでの開催。
長い時間電車やバスに揺られていく距離ではないため、その辺も気楽に構えられた要因でした。


第6節


初の観戦はやはり神戸で。
地元神戸のチーム、名門中の名門!

神戸製鉄コベルコスティラーズ

W杯での日本代表のイシレリ選手、ラファエレ選手、山中選手が在籍するコベルコスティラーズですよ。


円陣


そのお相手は?

東芝ブレイブルーパス

皆さんご存知、リーチ選手率いる東芝ブレイブルーパス。相手に不足はございません!


円陣2


試合開始40分ほど前から選手はアップを始め、円陣組んで気合を入れ、一旦奥に引っ込んで。
開始直前に入場してきました。

その時、みんなトラックに入る前に軽く会釈したり、そのままスルーして走っていく選手ばかりの中。
イシレリ選手は一旦トラック前で静止し、しっかりとお辞儀をして入場されました。(下の画像)

そのような謙虚な姿、トラックに対しての感謝などを表す姿、さすが日本代表だと感じました。


入場


試合は流石に迫力がありました。
テレビで見ているときは、選手の声はほぼ聞こえない。

でもこのように目の前で見ていると、いろんな声がずっと飛びがっていました。

名前を呼びあう声、何やら数字を叫んだり、指示が飛んだり。
身体がぶつかり合う、ものすごく痛いスポーツだと思っていたけど。
かなりの頭脳戦であることもわかりました。


スクラム


結果は神戸製鋼の圧勝。
なんと57対0。
その結果はこちちらの記事をどうぞ。

ニュース

おいおい、リーチよ、どうなってんだ。


リーチ


動きの速さ、パスの正確さ、戻りの速さ、ディフェンスの完璧さ、全てにおいて神戸製鋼が圧倒的。
ここまで一方的な試合展開になるとは予測していなかっただけに、なんか可哀想なほどの試合内容。
東芝も何度かトライするチャンスはあったけど、どれも味方の戻り方が遅かったり、無理やり突っ込むだけで得点にならず。


ラインスロー


担架で運ばれる場面も何度かあり、ひやっとすることも多く、かなりドキドキな試合展開でした。

神戸製鋼ファンが多くても、リーチがボールを持ったらみんなで『リーチ!』と低い声で唸るのは、ワールドカップの試合と同じ。
選手の勇気と強さに、ものすごくたくさんのエネルギーを感じました。


終わり


圧倒的な試合ではありましたが、とても面白くて次も絶対に行きたい!と思うほど。
もともとスポーツ観戦は大好きな私ですが、ラグビーは本当に面白い。
もしかすると野球を超えるかも。(あ、私の中だけで)


バッグ


試合の前後には吉本の芸人さんがおしゃべりしたり、武井壮がゲストで来ていて面白かったり。
私のように、完全な『にわかファン』でも楽しめるような時間でいっぱいでした。

神戸製鋼、勝点の差で現在2位だけど6戦全勝!
1位のパナソニックと同じ6戦全勝なのよー。
このままぶっちぎれ〜!!!
トップリーグで優勝じゃー!





にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
クリックしてもらえるとうれしいです!!m(__)m





プロフィール

主役1: アン Anne

2013年6月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役2: エマ Emma

2014年3月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役3: テオ Theo

2015年7月、京都生れの
ロシアンブルーです。♂


書いてる人: Anne ママ
ニャンコ大好き、アン、エマ、テオのママです。
新しい家族テオを迎え6人家族になりました。長女(ニンゲン)次女(ニャンコ)三女(ニャンコ)長男(ニャンコ)ともに我が家の大事な宝物です。
アンエマテオの可愛い毎日の様子をお届けします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加してます
こちらと↓ にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ こちらも↓ ブログランキング・にほんブログ村へ クリックしていただけると1日1回分ランキングに反映される仕組みですm(__)m
アンが家族になって
エマが家族になって
テオが家族になって
検索フォーム
リンク