目クチョ、鼻クチョ

おはようございます。

今日は最初に謝っておきます!

変態ということを隠さず公表している私ゆえ、この私の興味の内容を聞いて欲しい!
ただ、それだけなんです。

が、美しい話ではないのはもうお察しの通り。

ロシアンズから放出されるもの、全てが愛おしい私。
衛生的によろしくないから、ウンチやオチッコ、ケロリンチョのお掃除は徹底してやっていますが。
汚いから、っていう気持ちでやってるんではないんですよねぇ。
それらすら愛おしい。


アップ


一番汚い、と言われているそれらを愛おしいと言えてしまう変態ですから、目クチョ、鼻クチョなんてそれはそれは可愛いもの。

で、ものすごく観察してしまうんですよ。
不思議で仕方がない。
何がどうなって、どうなれば、こんな風に変化するんだろう?とか、気になってものすごく見てしまう。


アン


きっと、その変化には理由があるのでしょう。
しかもきっと科学的な理由っていうか、ちゃんと証明したりできるようなことなのかもしれないけど。
そこはアホの私のことなので調べようと思わないし、ただひたすら観察して色々考えたり思ったりしたいだけ。


じっと


で、前置きが長くなりましたが。

ロシアンズの目ヤニは黒いです。
そして鼻クチョも黒いです。

だけど、最初っからそうなわけではないんです。

ああ、置いとけるものなら全部置いておきたかった!
色の違いとか、大きさとか、全部見比べたかった。
髭や爪、歯を置いておくのはなんとか家族の同意を得られたのですが。
それ以外は捨てなさい!と(涙)


エマ


目ヤニは最初は薄い茶色っぽいようなもの。
涙と一緒に涙管あたりに付着している。

それはその子によって当然量が違う。

アンは寝て起きたら必ず目ヤニが出る。(ごくわずか)
テオはほとんど出ない。
エマは日によって大きく変動する。


テオ


最初茶色っぽい薄い色をしているものが、少し時間が経てば真っ黒に変化しているの。
そしてカチカチになる。
カチカチになるのは、きっと水分が飛んで乾燥したのであろうって予測はつくけど。

なぜ茶色いものが、乾燥したら真っ黒になるのか?!
そしてそれはお猫さまみんな共通なのか?

そう思いながら、毎日観察しています。


くるん


そして鼻クチョ。
これはダントツエマが多い。

というのも、アンはしょっちゅうクシャミをするので、自分で飛ばしてしまうから人間がとる必要なし。
テオは目ヤニと同じで、あまり出ない。(もちろん時々でっかいのがあったりします)

エマは最初真っ白いものが鼻の周りに付着していて、それを放置すると真っ黒になる。

目クチョも鼻クチョも、全て真っ黒のロシアンズ。
今まで、他の色は見たことない。

今日も愛おしい彼らの身体から出てくる、愛おしいものたちを思う存分観察しようと思う。




Tres Elegantes gatos Azules





にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
クリックしてもらえるとうれしいです!!m(__)m




プロフィール

主役1: アン Anne

2013年6月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役2: エマ Emma

2014年3月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役3: テオ Theo

2015年7月、京都生れの
ロシアンブルーです。♂


書いてる人: Anne ママ
ニャンコ大好き、アン、エマ、テオのママです。
新しい家族テオを迎え6人家族になりました。長女(ニンゲン)次女(ニャンコ)三女(ニャンコ)長男(ニャンコ)ともに我が家の大事な宝物です。
アンエマテオの可愛い毎日の様子をお届けします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加してます
こちらと↓ にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ こちらも↓ ブログランキング・にほんブログ村へ クリックしていただけると1日1回分ランキングに反映される仕組みですm(__)m
アンが家族になって
エマが家族になって
テオが家族になって
検索フォーム
リンク