予定変更、アン病院へ

おはようございます。

昨日は急遽予定変更。
私のワクチンを延期にしたのは、実はアンを病院に連れて行ってたからなのです。

そのため、皆さまのブログにもコメントもできず、失礼しました。
なんか、クッタクタになって。
ワクチン接種したよりも精神的にはキツかったー。

あ、ご心配なく!
検査してもらって、取り急ぎ心配ない状態です。
経過観察、様子見、っていうのはありますが安心して帰宅できたので、ご心配なくでございます!


お座り


アン、数日前からくしゃみ、鼻水、咳が出ていました。
ひっきりなしではなく、元気もあり食欲もいつも通り、気にはなるけどすぐに病院に駆け込む必要はないかなと思って様子を見ておりました。

それが昨日の朝、まるで人間の子供の喘息の発作のような状態に。


見る


地べたに這いつくばるような仕草で、ゼーゼーゴホゴホ。
流石にこれは放置できないので、病院に連れて行った次第です。


斜め


まずは心音のチェックをしてもらってからレントゲンへ。
顔から肺までを中心に撮ってもらいました。

副鼻腔炎のような膿が溜まっている様子なし。
気管も細くなっている様子なし。
肺も白くなっておらずとても綺麗な状態。

上記のことから、季節的に花粉症を発症(アレルギーも含む)もしくは風邪をひいた状態なのかと。
ただ、咳の様子から喘息を発症しかけている可能性もあると。

とりあえず薬も必要ないし、今後の経過観察で行きましょうと。
まずは一安心しました。


横


ただ、先生は最悪の場合のことも話してくれました。

アンの場合、その可能性は低いでしょうが。
この状態が続く場合、CT検査をしてレンドゲンやエコーでは見えないようなところもしっかり見た方が良いかもしれないと。

最悪のことを聞いてしまうと、本当に怖くなってしまいます。
でも先生は、やはりちゃんと説明をしておかないといけないお立場。


ねんね


今の状態は、本当にレントゲン通りとっても健康に見えると。
だから心配はいらない、大丈夫だよと言いつつも。

怖い怖い。

最悪の状況を知って怖がるよりも、きっと何も知らないことの方が怖いに違いない。

だからこそ、必要なお話であったんだと理解しています。


アップ


アンももうすぐ9歳。
今まで大きな病気なく、元気で過ごしてこれたのは本当に幸せなこと。
もちろん、まだまだこのまま元気で突っ走って行ってもらいますが!

病気は待ったなし、ですからね。

何が起こるかわからない、ってことを改めて実感しました。


斜め


私のワクチンどころではない!
速攻で予約キャンセルし、新たに予約を取り直しました。

皆さんからたくさん応援のお言葉や、お大事にとお優しい言葉を頂戴しましたが。
それは次の予約まで、大事に胸にしまっておきますね。
ありがとうございました。



Tres Elegantes gatos Azules





にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
クリックしてもらえるとうれしいです!!m(__)m




プロフィール

主役1: アン Anne

2013年6月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役2: エマ Emma

2014年3月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役3: テオ Theo

2015年7月、京都生れの
ロシアンブルーです。♂


書いてる人: Anne ママ
ニャンコ大好き、アン、エマ、テオのママです。
新しい家族テオを迎え6人家族になりました。長女(ニンゲン)次女(ニャンコ)三女(ニャンコ)長男(ニャンコ)ともに我が家の大事な宝物です。
アンエマテオの可愛い毎日の様子をお届けします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加してます
こちらと↓ にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ こちらも↓ ブログランキング・にほんブログ村へ クリックしていただけると1日1回分ランキングに反映される仕組みですm(__)m
アンが家族になって
エマが家族になって
テオが家族になって
検索フォーム
リンク