エマの傷とコロナ前編

おはようございます。

久々の通常通りの時間でのアップです。
ご訪問やコメントもできず、皆様には本当に不義理なことで申し訳ありません。

正直、まだ身体がしんどくてこんなにもコロナで苦しめられるとは思ってもいませんでした。
アップもボチボチになると思いますが、しばらくはゆるっとお付き合いくださいませ。


さて、家族全員が陽性となり一番かわいそうな思いをしたのはエマでしょう。
アンテオは私と夫から離れず、ずっと寝室で一緒に寝ていました。
でもエマは謎の床に降りたくない行動以降、少しずつ元に戻りましたがコロナ真っ盛りの時はまだ動きも不十分って感じで、リビングから動くことがなかったんですよね。

謎の行動はこちら

床に降りたくない


可愛い


すごく大きな声で私を呼んで、リビングから大絶叫するエマ。
何事?!って飛び起きて様子を見に行くと、甘えて甘えて離れない。
でも抱っこも好き好きも、感染が怖いからなるべくしないようにして、本当にエマは寂しかったと思います。

傷を掻くのを止めてあげることもできないので、必然的にずっとお首のバンダナは取れず。
毎日数回替えてあげるのに精一杯でした。
お薬だけは何がなんでもしっかり飲ませて、ひたすら治るのを祈っていましたが。


横


やはり風に当てて、傷を乾燥させることが大事だったようで。
ずっとバンダナをしていると、それもままならず良くならないままでした。
最初の受診以来、2週間後に再び傷をチェックしてもらうという約束も家族全員動けないから無理で。
先生にお電話して事情を話し、違うお薬を送ってもらう手筈を整えました。
長年行っている病院だといえども、こんなふうに臨機応変にすぐに対応してくださる先生方に心から感謝です。
お薬代も次の受診でいいよって。本当に助かりました。

今は私たちも起き上がれるようになったので、バンダナを外し新しいお薬を飲みながら様子を見ています。
今でも寂しくなったら夜中でも大音量で鳴き、甘えてくれるエマ。
寂しい思いをさせてごめんね。

乾燥し少し良くなってきた傷の様子。

傷


さて、コロナのお話を。

これは青天の霹靂でした。
その前の3連休も出かけたり、遊び歩いたりしてないんですよ。
普段のお買い物くらいだったのにね。
それでも罹る時は罹るのですよね。

まず20日水曜日の夜に、夫とともに喉が痛いね、クーラーにやられたかなと話して寝ました。
21日の朝、夫は39度近い発熱、私は37度少し。
あれ?絶対おかしいよね、二人同時に熱が出るって普通じゃないよね?ってことで、かかりつけ医に電話してすぐに検査してもらいました。
その日は夫は40度近くまで熱が上がるし、私は咳と喉の痛み、痰が切れない症状で息が詰まりそうになり救急車を呼ばないといけないか?と本気で心配な1日でした。

22日の朝、先生から二人とも陽性ですとお電話があり、娘も濃厚接触者として出勤停止に。
なんとしても娘だけは無事に!と徹底したつもりが、やはり娘も次の日に発熱が始まりました。


ぺろ


その後、私も熱が上がり39度ほど出て、解熱剤で下げて、また上がってというのを繰り返しておりました。
発熱から二日後くらいから、もう信じられないほど喉が痛くなって、ほぼ何も食べれない状態に。
この喉の痛みは、今まで経験したことがなく自分の唾液すら飲み込めないほど。

私の少し前に、陽性となって辛い思いをされたNYAROさんが「粉々になったガラスを飲み込むみたいに痛い」とおっしゃっておられたのが、本当にその通り。

熱は下がっても痛み止めとして解熱剤を飲み続け、薬が効いている間にスイカだけを食べた感じ。
スイカも痛いのですが、水分も摂れるしこれに頼るしかない!って感じで頑張って食べました。

喉の痛みはそれから6日間、本当に辛い毎日を過ごしました。


トラック


昨日くらいから、痛みもほぼなく普段通り食べれるようになった感じです。

たった数日でかなり痩せました。
コロナダイエット過酷すぎです。

こんな痩せ方は私に似合わない。
しっかり食べて体重と体力を元に戻し、元気に歩いてまたダイエットに励もうと思っています。

まだ全然体重は増えませんが、きっとしっかり食べれるようになったらあっという間に戻るでしょう。

そんな感じで喉の痛みは去ってホッとした矢先、後遺症という名の恐ろしいものが…。

コロナ後編に続きます。




Tres Elegantes gatos Azules





にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
クリックしてもらえるとうれしいです!!m(__)m




プロフィール

主役1: アン Anne

2013年6月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役2: エマ Emma

2014年3月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役3: テオ Theo

2015年7月、京都生れの
ロシアンブルーです。♂


書いてる人: Anne ママ
ニャンコ大好き、アン、エマ、テオのママです。
新しい家族テオを迎え6人家族になりました。長女(ニンゲン)次女(ニャンコ)三女(ニャンコ)長男(ニャンコ)ともに我が家の大事な宝物です。
アンエマテオの可愛い毎日の様子をお届けします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加してます
こちらと↓ にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ こちらも↓ ブログランキング・にほんブログ村へ クリックしていただけると1日1回分ランキングに反映される仕組みですm(__)m
アンが家族になって
エマが家族になって
テオが家族になって
検索フォーム
リンク