焦った〜(追記に昨日の答えあり)

おはようございます。

昨日は朝イチで、エマの病院でございました〜(涙)

皮膚科の先生ではなく、ずっと通っていた以前からの病院へ。
でもね、どうぞご心配なく。
最初に結果を申し上げると、緊急性はなし、要観察ということでほぼ異常なしの良い状態でした。


眺める


順を追って話しますと。

土曜の夜、エマが普段通りの感じでトイレに入っていったので、私は終わったら処理をしようとビニール袋とスコップを持ってエマの近くで待機。

トイレが終わったので、さぁチッコ玉を回収!と思って見ると!
なんと鮮血が見えたのです。


みる


美しくないお写真ですが、参考のために載せておきます。

ご覧の通り、一番上に小さな鮮血が見えたのです。
ピンクのチッコではなく、色は普段と変わらない、でも鮮血が出てる。

うぉー!!!
なんじゃこりゃー?!

夜中0時前だったので、日曜の朝を待ってすぐに受診。


チッコ玉


エマはしっかりお水も飲んで、食欲もモリモリ、元気いっぱいで走り回っているし、トイレに入る前にソワソワしたり何度もトイレに向かうということも一切なし。

膀胱炎の可能性はゼロではないけど、っぽくないなぁと思いつつ、微量であっても鮮血で小さな血の塊のようなものが出ていたので、心配でなりませんでした。


アップ


すぐにエコー検査をしてもらい、腎臓、膀胱、尿道共にすこぶる綺麗。
炎症を起こしていたり、壁が厚くなっていたり、影が見えたりとか一切なし。
素人の私がみても、どこもとても綺麗。

先生も最初は膀胱炎を危惧されたけど、このエコーの状態を見れば、膀胱炎ではなさそうと。


かいかい


何かしらオシモの出口付近に傷がついていたのか、それが剥がれてチッコと一緒に出ちゃったのかなと。
もしくは、何かちょっとしたストレスなどで、どこか出血してそれが出たのかと。

どちらにしても、きっと一過性のものであろうと。
続くことはないと思うけど、しばらくはトイレの様子をしっかりみておくようにと言われました。

炎症も起こしてなさそうなので、抗生物質などのお薬は無しにして、とにかく様子を見てみましょうと。

はー、よかったー。
血が出たことには変わりないので、何かしら身体の中で変化があったことは事実。
でもそれが大きな不調の原因となる感じではなく、たまたま出ちゃった、的な感じで大丈夫でしょうと。


横


カイカイの時とは全然様子が違い、普段通りでとにかく元気いっぱいの様子。
それをみていたら、一過性のものであろうという先生のお見立てに納得がいく。

数日はチッコ玉をしっかり観察して、普段と違いがないかチェックを怠らないようにする!

めちゃくちゃ焦りましたが、何事もなく済んでホッとしましたー。

こういうこと、突然くるのよねぇ、やめてほしいわ〜。


で、追記に昨日のロシアンクイズの答えを載せまーす。



Tres Elegantes gatos Azules





にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
クリックしてもらえるとうれしいです!!m(__)m




続きを読む

プロフィール

主役1: アン Anne

2013年6月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役2: エマ Emma

2014年3月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役3: テオ Theo

2015年7月、京都生れの
ロシアンブルーです。♂


書いてる人: Anne ママ
ニャンコ大好き、アン、エマ、テオのママです。
新しい家族テオを迎え6人家族になりました。長女(ニンゲン)次女(ニャンコ)三女(ニャンコ)長男(ニャンコ)ともに我が家の大事な宝物です。
アンエマテオの可愛い毎日の様子をお届けします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加してます
こちらと↓ にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ こちらも↓ ブログランキング・にほんブログ村へ クリックしていただけると1日1回分ランキングに反映される仕組みですm(__)m
アンが家族になって
エマが家族になって
テオが家族になって
検索フォーム
リンク