エマ、眼科へ行く

おはようございます。

10月5日から涙が出始めた右目、その日の夕方頃からお岩さんのように腫れ始め、様子をみていましたがマシにならず。

9日に皮膚科の先生に診ていただき、眼科を紹介してもらって昨日受診しました。

本日、美しくない画像が何枚かあります。
でもこのような状況であるということをそのままモザイクや処理などなしで見ていただこうと思います。



半分


後眼部検査、角膜染色、眼圧測定などをしていただきました。

まず、眼球自体はとても綺麗で問題がない。
でも眼瞼が腫れてる、白目の部分も充血している。
そして瞼というよりも、瞼の上が充血して腫れていると。

眼瞼が腫れて炎症を起こしていることが原因で瞼の上が腫れるならば、目に近い場所が腫れるはずなので今のエマのように瞼のはるか上の方が腫れているのは、眼瞼の腫れとは関係がなさそうだと。

瞼の上の部分の腫れは、内部がなんらか炎症を起こして腫れているのか。

もしくは瞼の上の腫れが原因で、目のほう(眼瞼や眼球)に炎症が降りてきた感じなのか。


腫れる


色々と考えられることを話してくださりつつ、でも決定的な原因はわからないなと。

治療としては、まずは瞼の上の腫れは抗生物質で様子をみましょうと。
そして眼瞼の腫れ、白目の赤みは点眼薬で治していきましょうと。

眼瞼の腫れはすぐに治るものではなく、再発しやすいので1ヶ月くらいを目処に見ていきましょうとのこと。


めやに


もしかすると、私たちが知らないうちに目の上をぶつけたりしたのが原因で腫れて、目のほうにも影響して眼瞼まで腫れたりしてるのかもと。
考えられることはいくつかあるようですが、決定的なものがなく、対処療法で様子を見るしかないなっていうのが昨日の結論でした。


アップ


眼瞼が腫れて、瞼の上の方も腫れてしまったということが事実でも、なぜそんなことになったのか?っていうことを特定するのは、すごく難しいことなんだろうなと感じました。
わからなくて当然、というのではなく、まずは事実である病気を直すことに力を入れないといけないんだろうなって。

もちろん、なぜこうなったか?を知ることによって、再発を防止できるかもしれない。
知ろうとすることはとても大事だし、追求していく必要はあるんだけど。
それが全てではないなと。


少しマシ


今までと同じように皮膚科のお薬を飲みながら、1日3回の目薬が始まり、その上抗生物質も飲ませるのはエマの負担が大きすぎるので、2週間効き目のあるという注射にしていただきました。

注射は30分ほどで効いてくると思いますよと言われた通り、帰宅してしばらくしたら目がかなり開いていて驚きました。

とはいえ、きっとこれも波があると思うので、一喜一憂せずじっくり治していこうと思います。


かなり良い


今回、眼科の専門の先生に診ていただき本当に良かったなと思います。
専門の先生だからこそわかること、専門の先生であっても解明できないこと、それらを丁寧な説明のおかげで知ることができて、私自身が安心できました。

まずは目薬をしっかり頑張ろう!

普段と違う状態を見逃さないということも大事。

ネットでは情報がたくさんあり、怖くなることもいっぱいあるけど。
そういうことに振り回されず、今私に出来ることをしようと思います。




Tres Elegantes gatos Azules





にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
クリックしてもらえるとうれしいです!!m(__)m


プロフィール

主役1: アン Anne

2013年6月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役2: エマ Emma

2014年3月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役3: テオ Theo

2015年7月、京都生れの
ロシアンブルーです。♂


書いてる人: Anne ママ
ニャンコ大好き、アン、エマ、テオのママです。
新しい家族テオを迎え6人家族になりました。長女(ニンゲン)次女(ニャンコ)三女(ニャンコ)長男(ニャンコ)ともに我が家の大事な宝物です。
アンエマテオの可愛い毎日の様子をお届けします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加してます
こちらと↓ にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ こちらも↓ ブログランキング・にほんブログ村へ クリックしていただけると1日1回分ランキングに反映される仕組みですm(__)m
アンが家族になって
エマが家族になって
テオが家族になって
検索フォーム
リンク