エマの目、その後

おはようございます。

昨日、エマ眼科の先生に診てもらってきました!
一応、今回はこれで終わりと。


香箱正面


赤かった白眼の部分、そして瞼の裏側、瞼の上の腫れや赤みは全てきれいになっていました。
しっかりと先生、検査して画像で見せてくださいました。


香箱アップ


見た目は本当にきれいし、治ったと言ってもいい状態なのですが、実は眼瞼の腫れや赤みは原因がわからないと、あくまでも対処療法でしかないので再発しやすいと。
今回も2週間効く抗生物質を打ってる方がいいからと、もう一度お注射していただきました。


腕だし


効き目の切れた2週間後以降、もしも違和感を感じたりまた腫れてきたらすぐに来るようにと言われました。
その時はしっかりと原因を探るもっと深い検査をする感じですなぁ。
とはいえ、その時はその時。
今はとりあえず治った!という事実を喜ぼう。


お座り


1日3回の目薬、本当によく頑張りました。
エマが本気で逃げれば、絶対に私たちには捕まえられない場所に隠れるんですよ。

でもそれをせずに、一応嫌だというポーズを見せる程度で一度も飛ばすことなく入れることができました。


ぬーん


テオはビビリという性格もあるけど、きっと嫌だったり怖かったらなかなかその事実を受け入れられないというか、慣れないと思うんですよ。

そしてアンならば、嫌だってなったらとことん暴れて怒るタイプだと思う。

そんな中、エマは目薬も飲み薬も、嫌は嫌だけど死ぬほど辛いわけじゃないってわかると、ほぼ無抵抗でさせてくれるんですよ。


香箱


そういうところ本当に一番賢くて、一番やりやすい子だと思います。

エマ、お利口さんに薬頑張ってくれてありがとう!
エマの頑張りのおかげで、ちゃんときれいなお目目になったね。

たくさんのご心配と応援のお言葉をいただき、ありがとうございました。
これにて、一件落着〜としますね。



Tres Elegantes gatos Azules





にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
クリックしてもらえるとうれしいです!!m(__)m



プロフィール

主役1: アン Anne

2013年6月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役2: エマ Emma

2014年3月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役3: テオ Theo

2015年7月、京都生れの
ロシアンブルーです。♂


書いてる人: Anne ママ
ニャンコ大好き、アン、エマ、テオのママです。
新しい家族テオを迎え6人家族になりました。長女(ニンゲン)次女(ニャンコ)三女(ニャンコ)長男(ニャンコ)ともに我が家の大事な宝物です。
アンエマテオの可愛い毎日の様子をお届けします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加してます
こちらと↓ にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ こちらも↓ ブログランキング・にほんブログ村へ クリックしていただけると1日1回分ランキングに反映される仕組みですm(__)m
アンが家族になって
エマが家族になって
テオが家族になって
検索フォーム
リンク