アンの様子と誰の仕業?

おはようございます。

昨日はエマたんがアンの様子をお知らせしてくれましたが、その後もアンは同じ状態が続いております。
動物病院の先生は「程度問題から見て、今の状態で急いで検査をする必要もないし、様子見でいきましょう」と仰っておられるので、完治は長い目で見てゆったりと捉えつつ、変化があればすぐに診ていただこうと思っております。

本ニャンは違和感こそあれど、痛みも痒みもなさそうな感じなので、それだけが救いです。


アン


このようにまったりと、家族とラブラブで過ごしておりますのでご安心を。
目の状態が写らないで綺麗に撮れた写真があれば、またどんどんお見せしていきますね。

妹弟たちとも仲良くやっております。


アンテオ
アンテオ

アンテオ


アンエマ
アンエマ


一つだけ可哀想なのが、目やにと涙の処理。
やはり目の周りを触られるのは嫌なのでしょう。
ティッシュを持ったらスタコラサッサと逃げてしまいます。
可哀想だけど、しっかりと清潔に保たなければなりません。お目目を綺麗に拭いて、目やにが付いたままにしないように気をつけています。


さて、話は変わって。
最近、お買い物から帰ってくると、なぜかこんなことになっていて。


ピンクハウス


一番背の高い洋服箪笥の上に設置しているピンクベッド。
天井にスレスレで置いてあるし、下には滑り止めを置いているし、ちょっとやそっと押したくらいでは落下しないように設置しているはずなのに。

トイレの真上に重なっているときもあります。
不思議だ。


猫ベッド


そして猫ベッド。
こちらの使い方は言わずもがな、中に入ってネンネする…しか考えられないと思うんだけど。
どうしたらこうなるのかな?

ま、わかっているんですけどね。
こんなことするのって、この方しかいらっしゃらないので。


テオ


ママがいなくて寂しくて暴れてるのか?
はてさて、鬼の居ぬ間にやりたい放題なのか?

彼にしかわかりませんねぇ。




にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
クリックしてもらえるとうれしいです!!m(__)m



コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして
いつも拝見して癒されています
アンちゃん心配ですね
我が家には3歳になるロシアンブルーの男の子が いるのですが・・・
ホルネル症候群ではありませんでしたが
左目だけが目ヤニ涙目充血で目の大きさが
半分になってしまった事が2度ありました
病院で炎症を抑える飲み薬と目薬を処方してもらったのですがなかなか治りませんでした
なので何か良い治療法はないかと自分で
ネットで調べてみる事にしました
自然治癒力を高めるインターフェロン注射
が凄く気になり先生に相談したところ
副作用が無いからやってみましょうと言う事になり
インターフェロン注射と目の保湿の為に
ヒアレイン点眼だけの治療をしてみる事にしました
2ヶ月間で4回ぐらい注射はしたと思います
あれから1年経ちますが症状が出る事がありません
アンちゃんも先生と相談して試してみてはいかがでしょうか?
早く良くなる事を願っています
がんばれアンちゃん❤️


低反発が気持ち良い!!・・・みたいです

ママさんのお宅の猫ベッドもこれをやられましたか・・・!!
今まではなかったのですか?
この「トンネルベッドに上から座った形跡」が。
犯人・・・いや犯猫??は、やっぱりこの腕白坊主君だったのですね(^-^;
実は、うちのお転婆娘1号のミラが、時々これをやります。
最初は素直に中に入って寝るのですが、飽きてきたり暖かい季節になってくると上からドスンと寝ます。
“低反発”が気持ち良いみたいです。
でも、一度潰れると元に戻らないのです(;O;)
後のことを考えて使って欲しいものです(って、我家で一番新しいキューブベッドはそのことを踏まえて天井の上から押しつぶして寝るアレンジも紹介されていました。形状記憶で大丈夫なのかな??)

アンちゃん、元気そうで良かったです。
一番上の写真はアンちゃんだったのですね!
きりっとして端正な横顔がエマちゃんかと思いました。
最近、アンエマ検定問題で正解を出して喜んでいましたが、中々奥が深いです。

アンちゃんのおめめのこと初めて聞く病気でした…
腫瘍とかでないとのことで、ひとまずホッとしています!
ヒナコも年に一度、眼底の奥に腫瘍がないかとかの検査をしてます。出来てしまう可能性が他の子より高いんだそうです。その時は、場所が場所だけに取れない事もあるから、ヒナコにとって一番良い選択をできるようにするつもりでいます!
強くならなきゃねと思います。
アンちゃんのおめめ、きっととてもご心配ですよね。
目やにを拭くのはうちもみんな嫌がり、ティッシュやウェットを、手にすると走ります(笑)
目薬もです(笑)捕まえるけど(笑)
心配もする、可愛そうにも思う、それでも離れることなんて出来やしないし、どれほどこの子たちに助けられているかと思うと、出会えた事が幸せでなりません。
アンちゃんも、ままさんに出会えておうちの子になれて、本当に幸せだと思います。
うちは金曜日、ヒナコとりんりこが大学病院です〜
雪が少なくて今年は楽ですね、車で行けます。
何の励ましにもなりませんが(思い悩むなというのは無理なので…自分と照らし合わせても)、生きている事に感謝し、お互い頑張りましょう☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

アンちゃんお写真ありがとね❤️

エマちゃん、ねえねの病状教えてくれてありがとう❤️

どうなんだろう、どうなんだろうと心配しておりました。
私にできる事は 祈る事しかできませんが、1秒でも早く回復できますようにと いつも祈っております。

2002年、サッカーのベッカム選手が骨折し、 ワールドカップ出場は不可能だと思われた所、低振動を使った治療で通常よりも早い回復をし、ワールドカップ出場を果たした、という事を耳にした事があります。

この低振動は猫のゴロゴロととっても似ているようで、ベッカムの場合は 骨でしたが、エマちゃんや テオくんが アンちゃんの周りでゴロゴロしたら、治癒力が高まって 回復の手伝いになるかもしれないですね! (と、私が言わなくてもいつも3ニャンは一緒にいるでしょうが。失礼しました🙇)

エマちゃん1人より、テオくんもいたら ゴロゴロが倍ですものね!
テオくんがやってきたのも運命を感じます。

かわいいアンちゃんの姿が見れてホッとしました。

目やに取るのは 嫌なのでしょうね、、、、
我が家もジャックがまだ赤ちゃんの頃、目やにと鼻水がひどく、目と鼻に 液体の薬を入れていました。 すごく嫌がっていたのを覚えています😞。
嫌がるのをするのは辛いですが、しないといけないですものね。。。。。

頑張ってください!応援しております🎌 !!

No title

アンちゃんの元気な姿が見られて良かったです。
病気は長い目で見ないといけないとのことですが、普段の生活には影響がないようで良かったです。

6枚目のベットがつぶれている写真を拝見して、またまた家と一緒だと笑ってしまいました。
ベットの中にも入るけど上にも乗って寝ているんですよね~。しかもルナが中にいるのに上に乗ったりするのでこまります。
ルナが布団の中で寝ている時もたまに上に乗って、ルナに唸られています。

るいママさま

こんばんは。
るいママさま、初めまして。
またこの度はコメントもありがとうございます!

いろいろな症状があるんだなぁと改めて身体の不思議を感じております。
同じように目やにが出て目が開けにくい状態であっても、ホルネル症候群ではなかったのですね。
インターフェロン注射、というのは聞いたことがあります。ヒアレイン点眼も猫友さんが使っておられる物と同じような気がします。このままアンの症状が続くようでしたら、また先生に相談していこうと思います。
大変有り難いお教え、ありがとうございます。

るいくんとアンは年も近いようですね。アンもあと4ヶ月もすれば3歳になります。
お互い健康第一!
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

狸さま

こんばんは。

あはは!低反発ね!本当ですね。
テオの場合は何が目的なのかさっぱりわかりませんわ。
多分、中で寝ていなくても上にだけうほほーい!と乗っかって楽しんでいたのでしょう。
なんだか、見ていなくても目に浮かぶ光景ですわ。

ミラちゃんも上から乗ったり中に入ったり、堪能されているようですね(笑)
形が崩れるのは困りものですが、いろんな使い方をして楽しんでくれていたら、それはそれで良いかなぁと思ったり。

アンもおかげさまで元気にしております。
瞬膜も出たり引っ込んだりしているのですが、ちょうど写真を撮るときは出ていたり。なかなかいつものお顔はまだ撮れませんが、少しずつ元気な姿もお見せしたいと思います。

日菜子さま

こんばんは。
体調も悪い中、コメントありがとうございます。
ミシン、肩凝っちゃうからね。しんどいときはお休みしている方がいいのよぉ。
どうぞお大事に。

さて、眼のことでは日菜子さんも本当に色んな経験をされておられますよね。ヒナコちゃんもりんりんももっと痛かったり、辛い思いをされてますね。でもいつも元気に前向きに!そんな日菜子さんの元で、ヒナコちゃんもりんりんも目薬や目やにの処理も頑張れているんだと思います。しなくちゃいけないこと、それはどんなに辛くともかわいそうであってもしなくちゃいけないんですものね。私もあまりかわいそうだとは思わずに、当たり前のこととしてアンのお世話をさせてもらおうと思います。

大学病院も遠くて大変だけど、どうぞ気をつけて行ってらっしゃい!
このまま雪がひどくなりませんよう、早く春よ来い!

maman de hana et jackさま

こんばんは。

ベッカムの怪我のこと、全く知りませんでした。
そんな治療もあるんですね。
猫のゴロゴロに似ているとは!それはとても頼もしく感じます!
ゴロゴロ大得意なエマとテオがそばにいてくれるから、治りも早いはず!
嬉しい情報、ありがとうございました。

生きていれば人間も猫も色んなことになりますよね。
何もない子なんていないのでしょうね。
できる限り快適に生活してほしいけど、それにも限界がある。
やらなくてはいけないことは、しっかりと対処しながら頑張っていきます!
嫌なものを嫌と思わせないような、そんな新技も模索しながら私も楽しいことに置き換えていこうとおもいます。

応援、ありがとう!
しっかり届きましたよ。

ルナのパパさま

こんばんは。

やっぱり?
やっぱりピオニーくんもしますか?あはは。
男の子って、どうしてこんなに面白いんでしょうね?
我が家も当然のことながら、誰が中に入っていようが、お布団の中でもトンネルの中でも飛び込んだりふんずけたりしてます。
もう、君はなにをやってるんだ!?と。
お姉ちゃんたちに叱られようが、唸られようが、全く平気。
ちょっとは、堪えてくれいー!
プロフィール

主役1: アン Anne

2013年6月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役2: エマ Emma

2014年3月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役3: テオ Theo

2015年7月、京都生れの
ロシアンブルーです。♂


書いてる人: Anne ママ
ニャンコ大好き、アン、エマ、テオのママです。
新しい家族テオを迎え6人家族になりました。長女(ニンゲン)次女(ニャンコ)三女(ニャンコ)長男(ニャンコ)ともに我が家の大事な宝物です。
アンエマテオの可愛い毎日の様子をお届けします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加してます
こちらと↓ にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ こちらも↓ ブログランキング・にほんブログ村へ クリックしていただけると1日1回分ランキングに反映される仕組みですm(__)m
アンが家族になって
エマが家族になって
テオが家族になって
検索フォーム
リンク