猫はなんでも知っている。

おはようございます。


アンの眼力
目アップ


いきなりインパクトある写真でビックリさせちゃったかもしれない。
猫と生活するようになって、2年半。
何度も何度もこの猫の目にドキッとさせられている。

絶対、全て見透かされてる…。


テオ、真剣な眼
テオおすわり


こんなにまだ小さいテオにですら、私たちって面倒見てもらってるんじゃないかと。

昨夜、パパが「テオ、お父さんのこと遊んでくれてるんやね。」としみじみ語りかけていた。
え?
テオくんがパパに遊んでもらってたんじゃないの?
と思いましたが、そう言われてふたりを観察していると。

確かに!


テオ、いいもの見つけた?
テオアップ


キジの羽根で遊んでいたのですが、テオは必ず一度同じ場所にスタンバイして、そこから羽根を獲りにダッシュ。
うわーい!たのしー!ってはしゃいで遊んでいる姿ではなく、まるでお仕事のように一旦戻ってまたやってくるの繰り返し。最初は確かにテオも楽しかったのでしょう。

それがいつの間にか、テオはパパが楽しいんだ!と思って何度も繰り返してくれていたような感じになっていた。

そう。
遊んであげていると思っているのは、実は人間だけで猫に遊んでもらっているんだ。
そして遊んであげてる!という満足感をたくさん人間に与えてくれるのです。


次はエマたんの番?
エマソファ下


そろそろ私の順番かしら?

と、こちらの様子を伺って行動する猫たち。
今なら大丈夫!って時を見抜いているんですよね。

人間たちが今何しているか?
毎日の生活の様子をよく理解して、今なら大丈夫!ってわかって遊びに誘ってきたり抱っこをせがんだり。


アン真剣なお顔
アン横顔アップ


そんな人間の行動を見るだけではなく、しっかりと言葉も理解していると思う。
イントネーションや声の大きさ、抑揚のつけ方などで判断しているだけだと言う人もいるけど。

私は全てだとは思わないけど、かなりの言葉の意味を理解していると思っている。

そして理解した上で、意にそぐわなければ無視したり聞こえないフリしたり。
人間が思っている以上に、猫ってものすごく賢い生き物だと思う。


黄昏エマちゃん
エマ外見る


繊細な心も持っているけど、本当はとても芯が強くてぶれない猫という生き物。

私は一度もこの子たちをペットだと思ったことはない。
家族、私の子供と思って生活している。

そのように感じさせる猫ってやつは、実は人間よりもずっとずっと何でも知っている生き物なんだと思う。





にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
クリックしてもらえるとうれしいです!!m(__)m



コメントの投稿

非公開コメント

No title

一枚目のアンちゃんの鋭い眼光、
「目力がある」ってまさにこのことですね。
美人さんだけに迫力あるなあ。

一日の多くの時間を人と共に過ごすネコさんたち。
注意深く人間を観察している彼らだから
きっと私たちの想像以上に人間のことを理解しているのでしょう。
特にアンエマちゃんの豊かな表情を拝見していると
そのことを強く思います。
一方ネコさんたちの思慮深い表情に比べると
何故かお間抜けにも見えるのがイヌ族たち。
それでもまあ、愛すべき存在ってことに変わりはありません。

もんちゅちゅさま

こんばんは。

確かにイヌ族さんたちとは違いますよねぇ。
お間抜けっていう言葉が正しいのかわかりませんが(笑)
猫に比べ、より人間に忠実ゆえに真面目に尽くそうとしてしまう素直さがなんとも可愛いんですよね。
そこまで猫は忠実ではないですものね。
でもどちらも愛すべき家族。
存在そのものがありがたい限りです。

アンの目力にドキッとして、見つめられると照れてしまいます。

1枚目のおめめにドキッとしました
ロシアンのおめめは神秘的で、本当に見透かされている気持ちになります。
(エキゾチックはともかく)

猫は一緒に暮らしたらやめられません、色んな意味で。
こんなに不思議で魅力的な生き物、なかなか〜

私は年代で猫への想いってかわりましたね
子供の頃は友達、猫、動くぬいぐるみ
学生時代は妹みたいな
20代は家族、同居人、空気のようにそばにいて当たり前の生き物、静かに寄り添ってくれるもの
30すぎて迎えた子猫たちは、娘です、ほんとに。
子供はいないけど、親ってこんな気持ちかな、と思います。

日菜子さま

こんばんは。
コメントありがとうございます。

本当に猫って生き物は、神秘的で魅力的です。
私は日菜子さんのように、小さい頃から猫と育ちたかったと今になってそうでなかった環境を恨めしく思っています(笑)
私にはもう、子供としか見えないのですが違う年齢に猫と出会っていたら、確かに感覚はもっと違っていたでしょうね。
相棒のように同等な関係でいたいなと思いつつも、やはり子供扱いしてしまう。

そんな私を「仕方のないかぁちゃんだね」と赤ちゃんのフリをしてくれているのでしょうね。

やはり猫ってすごいわ。
プロフィール

主役1: アン Anne

2013年6月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役2: エマ Emma

2014年3月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役3: テオ Theo

2015年7月、京都生れの
ロシアンブルーです。♂


書いてる人: Anne ママ
ニャンコ大好き、アン、エマ、テオのママです。
新しい家族テオを迎え6人家族になりました。長女(ニンゲン)次女(ニャンコ)三女(ニャンコ)長男(ニャンコ)ともに我が家の大事な宝物です。
アンエマテオの可愛い毎日の様子をお届けします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加してます
こちらと↓ にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ こちらも↓ ブログランキング・にほんブログ村へ クリックしていただけると1日1回分ランキングに反映される仕組みですm(__)m
アンが家族になって
エマが家族になって
テオが家族になって
検索フォーム
リンク