みんな調律師さん好き。

おはようございます。

昨日はねぇねのピアノの調律の日。
アンエマはもう何度も経験済みですが、テオは初めてのことです。
さぁ、どうなることやら?
また隠れるかな?と思いきや。


テオ防音室前


忠猫テオ公でございました(笑)
調律を始めて頂く前に調律師さんとお話ししてる間中、ずっとテオはつきまとい。

あれ?
お客さん嫌いじゃなかったっけ?
しかも男の方、苦手じゃなかったっけ?

どないなっとんねん!
と、ねぇねと笑ってしまいました。

うちの子たち、なぜかとっても調律師さんが大好き。
年に数回しか会わないというのに、しかも調律している間は変な音が聴こえてくるというのに。


アンピアノ鍵盤蓋うえ


アンなんて、もうよくわかっているから。
楽しんでますよ。
普段触れない、この上に乗るなんてもってのほか!のピアノの部品に思いっきり肉球跡をつけてくれてますよ。

最後、ピアノ磨いてもらう時、余計なお手間を取らせるのに…。


アン蓋の上お座り


得意げな顔でポーズとって、ピアノの側に陣取ってます。
嬉しいねぇ。
良かったねぇ。

エマも全く怖がりもせず、いつも調律師さんにべったりですが、眠かったのでしょう。
作業が見える位置で寝ておりました。

テオは覗くのに飽きたら、おネムの時間。


テオ眠い


さすがに2時間近くも張ってるわけにはいきません。

どうぞごゆっくりお休みくださいな。


テオネンネ


なんともいえない格好で寝始めました。
キミはつちのこかいな?


アンパソコン前


それにしても面白い子たちです。

なぜ初めましてのテオまでもが、すんなり一瞬で打ち解けちゃうのでしょうか?

調律師さんのお宅に、ニャンコがいるわけでもなし。
特別ニャンコの扱いが上手なわけでもなし。
むしろ、見慣れてないくらいでニャンコのことなんて全然知らない方なのに。

それでも気に入ってスリスリとすり寄っていくということは、普段触れ合う機会がなくとも猫ってかわいいなぁと思って接してくれてるのがわかっているということなのでしょうね。

調律師さんも、他所のお宅のニャンコちゃんたちは大抵隠れてしまって出てこないと仰っているので、これほどまでにウェルカムなロシアンズの歓迎は嬉しくなっちゃうかもしれません。

年にたった数回であっても、大っ嫌いな怖い人が来るのではなくて、優しくて大好きな人が担当さんで良かったです。





にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
クリックしてもらえるとうれしいです!!m(__)m



コメントの投稿

非公開コメント

お客さん好き

ニャンずちゃんは皆、調律師さんが好きなんですね。
いつも同じ方がいらっしゃるのですか?
猫を飼っている方かと思ったら、そうではないのですね。
でも、猫って、その人の人柄を見抜くところがあるので、とても優しい人柄の調律師さんなのかな!と思いました。
変な言い方ですが、お客さんが来ると部屋に新しい空気が入るような気がします。
猫たちにはそれが新鮮なのかな?

ところでピアノの調律ってよく聞きますが、年に数回もしないといけないものなのですね。
確かに、鍵盤を弾き続けているとずれてくるのかなあ?と想像がつくような気はします。鍵盤の位置が下がりそうというか・・・それとは違うのですか?
この調律師さんはピアノを買ったお店を通して来ていただいた方なのですか?

狸さま

こんばんは。

ピアノの調律って、普通で考えれば年に一度していたら良いものなのですが。我が家のように、音楽科へ進んでいるような子や自宅でピアノを教えておられる先生などは最低でも年に2〜3回は調律必要かと思います。
すぐに音は狂ってしまいますので。

今の調律師さんとはもう10年以上のお付き合いとなります。
一番最初にアップライトピアノを購入した時からのお付き合いで、グランドピアノに買い替える時には一緒に浜松まで選定に付き合って頂きました。YAMAHAの工場も見学させて頂いたり、とても良い経験をさせていただけたのも今の調律師さんのおかげなんです。偶然にも私達夫婦と同世代、そして子供も同じ年齢なので自然と親しくなりおつきあいさせて頂いております。
ですから娘もかなりワガママを言わせてもらいながら、納得いくまで何度も調律をお願いしたりしてます。

ピアノの構造の話をすれば、もうここだけでは収まらないのですが(笑)
ピアノも消耗品でして、ずっと使っていれば部品を交換したり(フェルトや弦など)手を入れていかなければなりません。音の微妙な差や好みも具体的に言えば調律師さんの手によって、魔法のように変えていただけたりするんですよね。
不思議な楽器です。

No title

あれー?(^^;
今回はウェルカムでしたかー。
よほど3きょうだい好みな調律師さんということでしょうか(笑)
あのひとがきたらいつもはさわれないぴあのがさわれるのよ
ってアンちゃんが教えてあげたのかしら(^^*

テオくんの寝相・・・(笑)いいなぁ

かずみさま

こんばんは。

本当にね、何が起こっているのでしょうか?
アンがふたりに情報を与えていたのかしらね。
大きなバッグを二つ抱えて来てくださるんだけど、そのうちの一つはジェラルミンケースっていうの?
四角いガチッとしたバッグで、もう一つはショルダーバッグ。
どちらにもテオとエマが順番に乗って座ってるの(涙)
それはオジさんの大事なお仕事道具だから乗ってはダメ!と言っても、全く聞きやしない。
大丈夫ですよーと言われるのをいいことに、ずっと乗ってるふたり。

なにがそんなに?って感じです。
プロフィール

主役1: アン Anne

2013年6月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役2: エマ Emma

2014年3月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役3: テオ Theo

2015年7月、京都生れの
ロシアンブルーです。♂


書いてる人: Anne ママ
ニャンコ大好き、アン、エマ、テオのママです。
新しい家族テオを迎え6人家族になりました。長女(ニンゲン)次女(ニャンコ)三女(ニャンコ)長男(ニャンコ)ともに我が家の大事な宝物です。
アンエマテオの可愛い毎日の様子をお届けします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加してます
こちらと↓ にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ こちらも↓ ブログランキング・にほんブログ村へ クリックしていただけると1日1回分ランキングに反映される仕組みですm(__)m
アンが家族になって
エマが家族になって
テオが家族になって
検索フォーム
リンク