やれば出来る!平和的解決

おはようございます。

最近、毎晩のように寝床の攻防を繰り広げていたアンとテオ。
やっと終息を迎えそうです。
(本文と今日の画像は関連ありません)


アンアップ


アンがママのそばで寝ることを取り戻し、収まったかなぁと思いきや。
やはりテオもママのそばで寝たいと思ってくれていたようで…。

ちょっとの間はエマとリビングで寝ていたテオですが、結局寝室に戻ってきてウロウロと自分の居場所を探していました。


テオアップ


でも今回はアンも本気だとわかったのか、いつものように『オレオレ!テオ様の言うこと聞かんかい!』って感じではありません。
アンの様子を見ながら、イケそうだったら行くしダメそうだったら引くしって感じでした。

アンはテオの気配を感じたら、すぐにうううーっと低い声で唸り始め脅し始めましたよ。
テオは一瞬ビビりましたが、アンが飛びかかってくる気配はないので、精一杯腰を低くしながらアンの隣に座ろうとします。
アンの隣=ママの足の間。

何を隠そう、ママの足は大変長いので(涙)アンとテオと一緒に入ることは出来ません。
ものすごい省スペースなわけです(涙)


アンエアコン前


アンはママの足にしがみつくように、ぐっと体勢を低くして唸ってるしテオもなんとか近くに来ようと頑張ってるし。
もう、ママはどうしようかと思いましたよ。
一旦起きるか?とか考えちゃった。

一触即発の状態でした。

しかし、テオが一気にピリピリした空気を破ってママのお腹あたりに移動してピターッと横になったのです。
足の間はアンに譲ったわけです。


尻尾まっすぐ


そう、普通に考えたらそれでいいやん!って思うでしょ。
同じ場所をとり合わなくても、ちょっと離れてそれぞれママにくっついて寝たらいいやん!って思うでしょ?

それが出来なかったのですよ。

アンテオだから出来ないってわけではないのです。
アンエマであったとしても、ベッドの上での限られたスペースでニンゲンを挟んでくっつくというのはかなりハードルの高いことのよう。

猫同士、猫団子になったりしてわざと自分たちでくっついて寝るのは良いとしても、この場合はそれとは違うみたい。


アンベッド


冬の寒い時、ママの足元でエマが寝ていてアンが知らずに入ろうとしても、エマがいることがわかったら絶対に近づかなかった。
その反対も然り。
同じ布団の中で、ニンゲン一人に猫二匹ってこと、今までも一度もありませんでした。

そんなだから、アンも私のそばにいる時にテオが横に来て寝るなんて!って許せないことだったのかもしれません。
でも、テオがあまりにも自然に当たり前のようにママの身体を半分こして寝ようねって感じで寝たので、アンはとっさに逃げることも追い出すこともできなかったみたい。


テオねぇねの部屋


しばらく固まったように、全く微動だにせずどうしようか考えていたみたいだけど、テオが無邪気にも本気寝し始めたもんだから、まぁいいかとアンも眠り始めました。

出来るやん!

ママがいても一緒に寝れるやん!
それができるなら、これから喧嘩する必要も奪い合う必要もなく、平和にみんなで寝れるやん!

もしかしたら、冬の寒い時期もお布団の中でみんなで一緒に寝れるかもよ!

何にせよ、平和的解決法が見つかってホッといたしましたわ。
みんなハッピーが嬉しい!

で、エマちゃんはひとりがハッピー!!!な様子。






にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
クリックしてもらえるとうれしいです!!m(__)m




コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

主役1: アン Anne

2013年6月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役2: エマ Emma

2014年3月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役3: テオ Theo

2015年7月、京都生れの
ロシアンブルーです。♂


書いてる人: Anne ママ
ニャンコ大好き、アン、エマ、テオのママです。
新しい家族テオを迎え6人家族になりました。長女(ニンゲン)次女(ニャンコ)三女(ニャンコ)長男(ニャンコ)ともに我が家の大事な宝物です。
アンエマテオの可愛い毎日の様子をお届けします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加してます
こちらと↓ にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ こちらも↓ ブログランキング・にほんブログ村へ クリックしていただけると1日1回分ランキングに反映される仕組みですm(__)m
アンが家族になって
エマが家族になって
テオが家族になって
検索フォーム
リンク