ダイエットは相当難しい

おはようございます。

最近、ダイエットの難しさを日々実感しているアンママでございます。

ニンゲンも若い時は少々ぽっちゃりしたとしても、意識して運動したり食べる量を減らせばわりと簡単に体重は落ちるのですが、歳を重ねるごとに代謝が悪くなり、若い時と同じことをしていても全然減らないようになります。

まさに私が今どっぷりそれにハマってる。

そしてこのお方、それとはまったく違うけど体重が落ちないの。


ぽてオバケ


寝室で寝てるばかりの毎日だけど、リビングに出てきてやったー!と思いきや、ぽてっ、ぽてっとフローリングに転がりまくる。

本当に転がりまくる、という言葉が正しすぎてこれ以上言いようがないくらい。


起き上がる?


何?
なんかくれるの?オヤツ?


いや、アンちゃんすっかりキャラ変わってない?
起きてきてすぐまさかのオヤツ?

あげませんよ、食べるならカリカリ食べてくださいな。


遠い目


ちぇー。(遠い目)

なんかね、こんなのを繰り返してるんですよ。

もう、アンちゃんさぁ、美人なトドにしか見えないよ。

トドって(号泣)

いや、ごめんごめん、つい本音が。
でもあまりにも寝てばかりだと、本当にトドちゃんに名前も変わっちゃうよ。


窓辺


とまぁ、半分冗談か本気かわからない会話のママとアンですが、ダイエットについて先日エマを動物病院に連れて行った時に、先生にご相談しました。

毎日測っている体重の推移がわかるようなグラフとどんなカロリーのフードを1日どれくらい食べているかということをお伝えし、これ以上何かできることはないか尋ねてみました。

先生は『今の状況を聞く限り、カロリー的にはものすごく減らしているし量も決して多くないので、これ以上ローカロリーのフードにしたり、量を減らすのはやめたほうがいい。
この状態以上のことを続けると、体調が悪くなってくる恐れがあるので食べ物で減らそうとするのではなく、運動をたくさんさせてあげてください』と仰いました。

がびーん。
それが一番難しい。


立ち姿


今のママのように、人生で最大の体重になって自分で危機を感じヤバイんちゃうん!?と感じることはニンゲンだけが思うこと。

猫も犬も、もちろん他の動物も自分が太ったからヤバイなぁ、さぁ動こうかと思うわけではない。
当たり前だけど、この意識の違いってダイエットに相当影響するような気がします。

自分でヤバイと思わなきゃ、動こうとは思わないものね。

アンにいっぱい遊んで、走り回ってほしい、もっと運動してもらえるようにとこちらは、手を替え品を替え頑張りますがアンが遊びたいと思ってくれなきゃ、当然走ってももらえないわけで。


おすわり


食べたいと思っている子に、食べることをちょっと我慢させるのも相当心が痛いです。
食べたいと思うだけあげたいと思ってしまう。
でも食べたいと思う子と一緒に、親も我慢してあげないようにするほうが、運動を無理にさせようとするよりも簡単です。

ああ。
どうすればアンが気持ち良く動いてくれるでしょうか。

動きたくない子、遊びたくない子、眠い子を叩き起こしてまで、遊べ!とは言えない。

ああ、今が飼い主の腕の見せ所って奴なんだろうなぁ。

でも私、無理そう。

だけど、やっぱりアンの健康のために頑張らなくちゃ!

アンちゃんはこれ以上頑張らなくていいから、ママがしっかりするね。





にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
クリックしてもらえるとうれしいです!!m(__)m




コメントの投稿

非公開コメント

ふんわりアンちゃん

アンちゃんは、これはこれで可愛いと思うのですが痩せないといけないのですね。
確かに先日の記事でアンちゃんの次にエマちゃんの写真を見たらシュッとしていると思いました。
けれど餌はカロリーは充分に減らしているとのこと、さすがママさん、カロリー管理をしっかりなさっているのですね!
運動の指示が出たとのことですが、エマちゃん&テオ君と充分に走りまわっているような気がしますが足りないですか?
特に、男の子のテオ君が加わってからはアンちゃんも必要に迫られて動いているような気がしますが・・・そうでもないですか?

あと、この記事ではないのですが、ママさんが以前、猫ちゃんが食べ過ぎると緩いものが出ると書かれていたことが印象に残りました。
ミラに必要以上に食べさせないようにしたら健康的なものが出て安心しました。

狸さま

こんばんは。
ありがとうございます。
アン、今すぐ痩せなさい!って厳しく指導されたわけでは無いのですが、先生から最初に指導された適正体重から300g近くオーバーしちゃったので適正体重に戻そうと頑張っています。
ぽっちゃりさんではあるけど、まだおデブではない?
確かに走ってる時もありますが、エマとふたりの時のみっちり充実したエクササイズではなく、単発的にテオに追いかけられて走ってるというだけで、全然持続しません。
それ以外、じーっとしてるか寝てるか。本当にこの夏になって、動かなくなりました。かなり省エネな動きです。
エマとテオはもっと活発で、起きていたらずっと動いてるって感じです。

以前の記事も、しっかりと覚えていてくださってありがとうございます。
来たばかりの頃テオが食べ過ぎでユルユルでしたが(欲しがるだけあげていたので)セーブしてバッチリな排泄になり、私も適量っていうのは本当に大事なことなんだなと実感しました。アンは大食いでは無いので、ユルユルになるほど食べたこともなく、そこはとても助かっているのですが。やはり運動量が絶対的に足りないのでしょうね。

カロリーはアンとテオは低カロリーのものを。
エマは高カロリーなものをそれぞれ3〜4種類ずつ測ってあげています。パソコンでエクセルに入れていたら、勝手に計算してくれるので楽チンです。残した量を計って、今日は誰がどれだけ食べたか全て記入しています。
こうやって書くとめんどくさいことやってるなぁって感じですが、それが日常になってしまったので負担とは思っていません。
なんでも慣れなのでしょうね。

No title

ううーん、美人なトド・笑。
見た目ではそう分かりませんが
Anneママさまがそうおっしゃるのであれば。
アンちゃん、ダイエットしなければならないのでしょうね。
わんこは一概に運動で痩せるのは難しく、
食べ物を与える人間の責任が大きいと言われていますが。
ネコさんの場合は、運動の占める割合が大きいのですね。
Anneママさま、これはもう、
アンちゃんのために始終キジの羽を振り回すとか←え
人間と異なり、自覚がない分大変ですねダイエット。
頑張れアンちゃん、食欲の秋だけれどもΣ(゚Д゚)

もんちゅちゅさま

こんばんは。
いえ、ニャンコもワンコさんと同様だと思います。
同じように運動で痩せるのは難しいと思います。
カロリーを計算していたつもりでも、ローカロリーに切り替えるタイミングが遅かったのかもしれませんし、オヤツのせいかもしれません。
全くもって、親の責任だと思っております。
ただ、今までは仔猫の時期から若い猫の時期だったので、遊びも多く自然と運動してくれていたから太ることもなかったのでしょうが、さすがに寝る子と言われた猫。お昼間はずっと寝ていることが多くなりました。
そのタイミングで上手にフードを切り替えることが出来ていなかったのかもしれません。

アンのためにキジの羽を振り回していたら、私の肩から生えている足もシュッとした腕に戻るかしら(爆)
二人でダイエットだわぁ。
アンを担いでランニングしようかしら?
って、それはアンには意味無いわねぇ。
ハーネスしてお散歩行けたらいいのになぁ。
プロフィール

主役1: アン Anne

2013年6月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役2: エマ Emma

2014年3月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役3: テオ Theo

2015年7月、京都生れの
ロシアンブルーです。♂


書いてる人: Anne ママ
ニャンコ大好き、アン、エマ、テオのママです。
新しい家族テオを迎え6人家族になりました。長女(ニンゲン)次女(ニャンコ)三女(ニャンコ)長男(ニャンコ)ともに我が家の大事な宝物です。
アンエマテオの可愛い毎日の様子をお届けします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加してます
こちらと↓ にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ こちらも↓ ブログランキング・にほんブログ村へ クリックしていただけると1日1回分ランキングに反映される仕組みですm(__)m
アンが家族になって
エマが家族になって
テオが家族になって
検索フォーム
リンク