緊急速報、どうすべきか。

おはようございます。

昨日の記事で触れた携帯電話からの『緊急速報』をどうすべきか、ずっと考えております。

今回、この速報によりエマとテオがかなり可哀想な状況に陥りました。


アップ


普段から音に敏感で、かなりビビリのエマとテオ。

朝10時頃に一回目の速報が鳴り響きました。
一斉に走り出し、パニックになりながら各々安全と思われる場所に隠れこみました。
そこから約2時間、ちょうどお昼ご飯を食べようとしているところに二度目の速報が鳴りました。


エマ横顔


最初の速報からやっと立ち直りかけた時に、追い打ちをかけるかのような速報。
娘も在宅だったので、私の携帯と娘の携帯と二つ別の場所から大音量で鳴る、あの不穏な音。

音だけで一次災害。
そして逃げ惑うロシアンズが、それぞれ自分たちが出す音でもっとびっくりして二次災害。

爪が取れるんじゃ無いか?と不安になる程、ものすごく爪を立ててカリカリカリッとフローリングの上を一斉に逃げ惑う姿。

止めるにも止められない。
その後、娘が速報の通知を止めてくれたので、避難勧告の警戒を解く時の通知は鳴らずに済みました。


子猫?


この数日、以前にも増して小食だったエマ。
ただでさえ、1日のカリカリ摂取量が20g以下の日が続いているのに、この日は17時まで水も飲まずカリカリも一粒も食べず。
あまりに音が怖かったのでしょう。
全く出てくることなく、ずっと怯えていました。

さすがにお水も摂ってないので心配になり、いつもの先生にお電話して高カロリーのペースト状の缶詰を頂きに行きました。

写真を見てお分かりの通り、エマの身体がぺったんこでしょ?
とても薄くなっています。
背中や肩の感じがなんとも頼りない。


上半身


緊急速報、どうしたもんかなぁ。

これほどに半日も怖がって篭って出てこれず、食事も食べれないような状況に陥ってしまうとわかっていて、これからも使うべきか。
地震の時は助かります。
身構えることができるから。

この子達を少しでも守りやすくする術として、心構えができるというのはとても助かります。
大事なお知らせに違い無いのです。


箱入り息子


テオは我が家に来て初めて聞いた音。

アンエマのびっくりする様子にもっとびっくりして、テオはパニックになり物を倒しながら逃げようとするので、それにアンエマがさらにびっくりして…。最悪の状況。

さすがのテオも何時間もベッドの下から出てこず、心配しました。
その次の日、昨日のことですがピンポーンと宅配便が届いただけで、またビビって篭って2時間ほど出てきませんでした。
ま、途中で寝てしまったのでしょうが。
今までそこまで怖がらなかったインターホンにまで、過敏に反応してしまって(涙)

ああ、どうすべき?






にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
クリックしてもらえるとうれしいです!!m(__)m




コメントの投稿

非公開コメント

No title

それは....可哀想にーー(´;ェ;`)
やっぱりそういう音って怖いですよねぇ...
しかも何度も鳴るとか(仕方ないけれど)
もう少し違う音にできないものか(-公- )
音ではなくバイブレーションに設定してても鳴らないかな??
食欲も減退するほどびっくりしてしまうとなると、
必要だけど設定するのに迷っちゃいますね(´・ε・`)
光りで点滅するものがある、とかだといいのにー!
視覚障害の方のためのそういうの、ないかしら。。。

>網戸カジカジ
遅レスですみません、こりゃ困る!!(*`ロ´;ノ)ノ
うちはまだ張り付き虫(ちゅんぼ子しかしませぬw)だからいいのか...
カジカジしちゃうとなると穴開けられちゃいますもんね!
セミさんなんて部屋に入ってきた日には鳴きます(人間が・笑)
うちはなんとかリビングだけは改造いたしまして、
とっても破れないほどのメッシュフェンス設置いたしました... _ノ乙(、ン、)_
りっちゃまは網戸からそっちは外界(見るもの)と思っていて、
手をかけるとかそういう発想すら浮かばなかったのでは、という、
今考えたらほんと猫だったのか怪しいほど良い子ですた(笑)

No title

エマちゃん、ごはん20gしかめしあがらないのですか!夏の暑さは越えたとは言え、心配ですね。にゃんこさんって、大きな音や聞き慣れない音をこわがるのですね。耳、いいですからね。うちも何か対策を考えたく思いました。(まだにゃんこ来てないですけど・・・)エマちゃんの食欲が少しでも戻りますように。

No title

緊急速報の音、本当に恐怖ですよね…
人間も、寿命が縮まる思いがするほどなので、にゃんこにとっては最大級の恐怖だと思われます。

アンちゃん、エマちゃん、テオくん、みんな怖い想いしましたね、可哀相に(T_T)

以前、私が在宅時に地震の緊急速報がバッグに入れたままのスマホから鳴り響きまして、それからしばらく、バッグや、バッグをどかしたその場にすら近づこうとしませんでした。

地震そのものが来る前に、あの警報音で慌てふためき、いざとうときにどうやって落ち着かせたらいいか、頭を抱えました…。

大切な仕組みということは重々理解はしていますが、もう少し、どうにかならなかったかな…と。

ただ、以前行った猫セミナーでは、災害時に警報音で慌てふためき、キャリーなどに入れられないことを想定して、平常時、(音量を小さくした)警報音を聞かせて慣れさせることも手法のひとつとして紹介されていました。
あの恐怖を味あわせるのはどうかと思いましたが、有事の際のことを考えると、そういう手もあるのか…と複雑な想いで理解しようとしていたのを覚えています^^;

No title

怖かったんだねぇ。
音に敏感だからこそ、あの警報は恐怖以外なにものでもないですよね。

私も4月の地震で考えました。真夜中に何度も鳴って。その度に心臓バクバクして・・。
でも、おっしゃるとおり、身構えることはできるんですよね。
警報が鳴るイコール何かが起こる。私が経験したのは地震でしたが、
大きな揺れが来る!と身構えることができるんです。
とっさには何もできないことのほうが多かったですが、
命を守ろうとすることに心の準備ができるんです。
結局、警報は鳴るようにしたままです。

音を選べるようになったらいいなぁって思いますね。
今回の避難警報は「お知らせ」的な音でしたが、
地震は「緊急事態発生!」的な音でさらに「地震です!」が繰り返されますからねぇ。
だからそらは今回の音を目覚ましと思ったのかなぁ。

ただでさえ少食なエマたんの体が心配です。
アンちゃんは動じないのですか?

もこつく てけこさま

こんばんは。
まだ、余韻引きずっております。
よほど怖かったのでしょうね。
例えばエマひとりだけ、テオひとりだけ、で生活していたとしたら。
もう少しマシだったのかもしれないなと思います。
周りが怖がってパニックになった姿が、余計に怖さを倍増させたのだと思います。
一斉に動き出しましたから。
視覚障害の方、そうですよね。
どうされておられるのでしょうか。光で点滅、良いアイデアですね。
私にもその方がありがたいです。

りっちゃまは、もはや猫というジャンルから外れておられますよ。
りっちゃまはりっちゃま、というカテゴリーがあったのだと思います。
本当にあれほど可愛い子はなかなか探してもいませんからねぇ。
お顔だけでなく、持っているフワンフワンとした優しい雰囲気とか…。
今頃、お空で楽しく遊んでるかな。

nyankororingringさま

こんばんは。

アンもエマも、普段は40gの量を二つに分けて測って置いてます。
アンは最初の20gを食べたら、次の20gを入れてあげるのですが、エマに最近追加の20gを入れて無いですね。
20gを全部食べることもなく、本当によくこれで命が繋げていれるなと感心するくらい小食です。
最低で1日5gという時もありました。
もう、私は泣きそうですよ。
そんな時期をエマの暗黒期と呼んでいます。
今はまさに暗黒期真っ只中。もう少ししたらそこから抜け出して、40gでは足りない!っていう日が来てくれると思うのですが。
あと少し辛抱します。

Kauruさま

こんばんは。
頂いたコメント、何度も読み返しました。
確かに慣れていた方が得に決まってますよね。猫にとっても飼い主にとっても。
怖い思いをさせるのが、とにかく辛いです。
でも本当のところ、何が一番辛いのかをよく考えたら安全を守ることが出来ないのが一番辛いのかもしれません。
速報で命をつなぐことが出来た、ということもあるかもしれませんしね。

小さな音で慣らしてみるのは、本当に良いアイデアかもしれません。
少しこの子たちが落ち着いたら、真剣に考えて取り組んでいこうかな。

今はまだまだ怖い余韻が残っているようで、少しの音でもびっくりして大変です。

かずみさま

こんばんは。
かずみさんやそらくんは経験者なんですよね。
地震の時は地震です!って続けて言いますものね。
あの声がまた緊迫して怖い。

音を選べるようになったり、前の方のコメントでも頂いたように光で知らせるなど、新たに考えてもらえたら嬉しいですよね。
知らせてもらえるだけありがたいというのに、贅沢な悩みかもしれませんが。

食べない子にとって、死活問題でもあるので本当に悩んでます。
とりあえず、台風シーズンの時は切ったままにしておいて、地震などいつ来るかわからないことですし、忘れた頃に通知オンにしてみようかなと思ったり。

アンも最初は逃げました。
でもその後の行動は立派でした。
そちらについては明日の記事で!

エマのこともいつもご心配いただき、ありがとうございます。
プロフィール

主役1: アン Anne

2013年6月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役2: エマ Emma

2014年3月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役3: テオ Theo

2015年7月、京都生れの
ロシアンブルーです。♂


書いてる人: Anne ママ
ニャンコ大好き、アン、エマ、テオのママです。
新しい家族テオを迎え6人家族になりました。長女(ニンゲン)次女(ニャンコ)三女(ニャンコ)長男(ニャンコ)ともに我が家の大事な宝物です。
アンエマテオの可愛い毎日の様子をお届けします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加してます
こちらと↓ にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ こちらも↓ ブログランキング・にほんブログ村へ クリックしていただけると1日1回分ランキングに反映される仕組みですm(__)m
アンが家族になって
エマが家族になって
テオが家族になって
検索フォーム
リンク