小さな第一歩(追記あり)

おはようございます。

今日は画像と本文、関連ありません。
そして毎日、アンエマテオの姿を楽しみに見に来てくださってる皆様のご期待を裏切らないよう、アンエマテオ以外の猫の写真は追記に載せようと思います。
興味のある方だけ、お進み下さいませ。


アンおすわり


ジョギングを始めてから、外の猫ちゃんに出会うようになった私。
ご飯食べてるのかな?お腹すいてないかな?と気になって気になって仕方がありませんでした。
でもジョギング中だし何も持ってないし、第一この辺りで餌をあげていいのかどうかもわからない私。
そんな悶々とした状態が約半年続きました。

日に日に見覚えのある顔になっていく外猫ちゃんたち。
完全に顔の判別ができるようになっていくと、もう居てもたってもいられなくなりました。

ある休日の日、パパと一緒に散歩がてらアンエマテオの食べなかったウェットフードやカリカリ、紙皿を持って猫ちゃんたちに会いに行きました。


テオソファ


会社帰りであろう服装で猫たちに餌をあげている姿を何度も見かけたことがある方がいらっしゃったので、思い切って声をかけてみました。
ボランティア団体とも連携して、何人かの仲間と一緒にその付近の猫たちのお世話をしている方でした。

優しい女性で、色々と質問をする私に一つ一つ丁寧に教えてくださり、自分にできることだけをやろうと思っているとお話くださいました。
なんと、私が知っている猫ちゃんたちのグループは7頭。そしてすぐそばに別のグループの子達が8頭。
全部で15頭の子たちのお世話をなさっておられました。


エマ斜め上


15頭は全員避妊も去勢も済ませて、お耳カットされている子たちばかり。
毛並みも良く、丸々太っていてこの子たちは大事にされているんだと、近くで触れ合ってみてホッとしました。

餌をあげたことのない私にまで、にゃーんと鳴いてジョギングについてこようとするほど、人懐っこくて人馴れした子が多く、本当に綺麗で可愛い子ばかりでした。


テオネンネ


その女性に許可を得て、早速持ってきたカリカリなどをあげたら、喜んで食べてくれました。
今まで外猫さんたちのために、何もしてあげなかった私。

blog仲間のお友達は積極的に保護したり、里親を見つけてあげたり、本当に一生懸命小さな命を助けようと頑張っておられた姿を見ながら、何もしてこなかった自分が恥ずかしくて。
どれだけ強く何かしたい!と思っていても思うだけでは何も変わらないんですよね。

今回私は小さな一歩を踏み出しました。


アン寝転んでフミフミ


幸いにも15頭の皆を支える地域の人たちがたくさんいるので、毎日あげに行かなくても大丈夫。
私が行ける日に行けばいい。
無理なことをしても続かないから、自分ができることだけをとりあえず続けてみようと思います。

知り合った女性のお友達の方も紹介していただき、顔見知りとなって勝手に餌をあげても不審がられないように繋いでくださいました。


エマおすわり


餌をあげるだけでは何の解決にもならないかもしれない。
でも動物虐待をする地域の人たちがいる事実を聞き、何人ものボランティアが餌をあげながら見守れば、そういう危ない目から助けることができるかもしれない。
そんな小さな望みを持って、これからも通いたいなと思います。




にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
クリックしてもらえるとうれしいです!!m(__)m




この場所で暮らしている7頭の子達は、自転車置き場を中心に雨風をしのぐ屋根がある場所にいれるからか、健康状態もとてもよく病気を感じさせるような子は1頭もいませんでした。

私の手から食べてくれる子たち。
本当に人によく慣れています。

その分、怖い人に虐待されないか心配でもあります。



ぶーちゃん

お母ちゃん

手から食べる

手から食べる2

後ろ姿





コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

私も何も出来ていない人の一人です(;´・ω・)
気持ちはあっても行動に移すのはなかなか難しいですよねぇ~
そう思うとAnneママさんは凄い!
ほんとにすごいと思います(*´ω`*)

我が家付近にも数匹の外猫ちゃんがいましたが
今は居なくなりました。
たまに姿を見かけるのでどこかに定住先が見つかったようで
とてもホッとしてます(*´∀`*)

私も何か出来る人になりたいなぁ(●>ω<●)

Anneママさん、本当に素晴らしくて、素敵です!!!
もう、感激ですヾ(*´∀`*)ノ
私もお外でにゃんこを見る度、胸が痛くなりどうしてあげていいのか分からず、こっそりご飯をあげたりしちゃってました(;´Д`)
その後、そのにゃんこは外飼いされているにゃんこだと知り、会うときは笑顔で挨拶するようになりましたが、やっぱり心配ですし、お顔が汚れていたりすると泣きたくなります。

Anneママさんは本当にすごいです!
きちんと、ボランティアさんのお顔を立てて、きちんとご挨拶をされてからご飯をあげるなんて、出来ることではありません!
そして、お外のにゃんこなのにみにゃさん、本当に綺麗なお顔で丸々していてい可愛いですね( *´꒳`*)
これから寒くなるので、もりもり食べて暖かく過ごしてほしいですね(о´∀`о)
私も何かの1歩を踏み出したいと思いました(´▽`*)
Anneママさん、本当にありがとうございますm(_ _)m♥

No title

あらーv
まるまるしててみんなかわいい顔してますねぇ。

地域の方々がみんなで見守る。ステキな活動ですね。
人はいろいろいるから、見守ってくれる人もいれば、悪いことをする人もいる。
悲しいですけど、現実です。
私も支援等でしかお手伝いできていないですけど、
ママさんが書いてあるとおり、自分にできることをできる範囲というのは大事なことだと思ってます(^^*)

1枚目のアンちゃん・・・びゅーてぃほーvvv

No title

地域猫さんたち、繁殖防止のケアも
ご飯ももらって
温かく見守られているんですね。
写真を見ただけで
人への信頼感があるのがよく分かります。

家の猫たちに時間もお金も使っている一方で
外猫さんが困窮していたら、
何もしなくて良いのか本当に悩ましいですよね。
Anneママさんはいい形で
サポートに関われることになってラッキーでしたね(^-^)

我が家周辺の地域猫さんは
ウチの芝生でゴロンゴロンしてます。
シフォンさんは完全無視されてます(;^_^A

No title

以前住んでいたところで、野良ちゃんのお世話をして
いる方と知り合いました。
その方は、ひとりでエサやりをやっていて、それこそ
雨が降ろうとヤリが降ろうと、雨の日も雪の日も風邪を
ひいていても毎日決まった時間にえさ場に行ってました。
「にゃんこが1回だけの食事を待っているから…」と。

にゃんこにも時間にルーズな子がいるのか、来ていない
子がいると、お皿にフードを入れて置いていました。
食べるのに時間がかかる子もいるので、えさを置くと
次のえさ場へ。
数か所回って、少ししたらフードのお皿を回収しに回って。

お水もきれいな水を飲ませてあげたいからと、ペットボトル
に入れて持って歩いていました。
本当に頭の下がる思いです。

私は何もできないし、何をしたらいいかもわからなくて…
今は、時々我が家へえさをもらいに来るにゃんこに
ユズムギのフードを分けてあげているだけです。
でも、この子ももう来ないかもしれないな…
このあいだ、おちっこをピシッ、ピシッ!と振りまいて
帰って行った(>_<)
なんかね、蚊がいっぱいたかってて可哀想だったんで
手で払おうとしたら勘違いされて(ノД`)・゜・。

あ、話がそれました(;^ω^)

最初の一歩ってホント難しいです。
とっても勇気がいると思います。
Anneママさん、素晴らしいです。
とりあえずは一歩ですね(^^♪

鍵コメさま

こんばんは。
コメントありがとうございます。

お言葉、大切に胸に仕舞いました。
期待して待ってくれる子たちを、決して裏切らないように心して過ごしていきたいと思います。

私が主に餌をあげる子たち7頭は、皆冬を越した経験者たち。
「大丈夫だよ、心配しなくてもこの子たちはきっと乗り越えてくれるよ!」と教えてくださり、ホッとしました。
とはいえ、何があるかわかりません。
お役に立てないかもしれないけど、見守り隊が一人でも多いほうが主にお世話する方の気持ちも楽になるかもしれない。
そう思って、まずは様子を見つつ自分にできることを探していこうと思います。

きなこママさま

こんばんは。
いえいえ、私も同じです。
たかが何回かご飯をあげただけ。
実際にはまだ何のお役にも立てていません。
これから何ができるか、しっかりと見極めて行動に移していきたいと思います。
私はやりだしたらとことんやってしまうので、冷静に周りを見てまずは様子見、という気持ちで少しずつ関わらせてもらえたらいいなと思います。

ご近所の猫さんたち、先住先が見つかったようで本当に良かったですね。
そのようなお話を聞けるだけで、嬉しい気持ちでいっぱいになります。

あーにゃんさま

こんばんは。
あーにゃんさま、お恥ずかしい限りでございます。
あーにゃんさまにそれほど褒めていただくような人間ではないのが、残念なところでございます(涙)

上を見てもキリがない、下を見てもキリがないわけではありますが、本当に尊敬できる活動をなさっている方々がこの世には大勢いらっしゃいます。そのような方たちのようには出来ないけど、小さなことでも何かできたらと思っています。

ボランティアの方のお顔を立てるというような、高尚な考えも全くなく。

私は猫と生活するまでは、猫なんて嫌い、ってタイプだったのです。外猫ちゃんを見ても、餌をあげる人たちがいるからこの子たちがどんどん増えるねん!と最低なことを考えておりました。今ではそんな自分を蹴り飛ばしてやりたいです。
生まれてきた命、かけがえのない命ばかりなのに、よくもまぁそんなことを考えていたもんだ。
そんな最低野郎でしたので、反対派の方たちの気持ちも何となくわかるんです。
いっちょかみして、せっかくボランティアしている方たちの迷惑になっては元も子もない、と思って声をかけさせてもらいました。

避妊や去勢された子たちばかりだから、増えることはないであろうと願いつつ、今生きているこの子たちが辛い思いをしないで済むように、ほんの少しのお手伝いができたらと思います。
まだまだ先は長いです。
私がトンズラしないよう、見守っていただけたらありがたいです。

かずみさま

こんばんは。
餌をあげている間、いろんな方が声をかけてくださいます。
「今日はあの子いないの?」とか「クロちゃんはどこ?」とか。
餌をあげない方たちも、ちゃんと気にしてる方は気にして見守ってくれているようです。
私は新参者すぎるので、お答えできるようなことはほとんどないのですが、これからそのような方たちとも自然に会話ができたら嬉しいなと思います。

明らかに嫌な顔してチェって言いながら、目の前を通り過ぎる方もいます。
こんなところで!って。

意地になって、絶対にゴミ一つ落とさずに帰ってやる!と思いました。餌をあげる方たちは、やりっぱなしでは帰らないんですよね。
ちゃんと綺麗に後始末して帰られます。
私もそれをしっかりと真似して、猫のせいで汚い!と言わせないように頑張ろうと思います。

No title

Anneママさん
はじめまして!コメントありがとうございます
いつも主人と一緒に
綺麗なロシアンちゃんだよね〜♡
なんでもこんなにかわいいんだろう〜(*´ー`*)と
デレデレしながら拝見してましたw

踏み出された小さな一歩
とっても素晴らし勇気だと思います
その一歩が踏み出せたら次の一歩も・・・また次の一歩もとね
私の住む地域ではなぜだか猫さんを見かけないのですが
Anneママさんと同じように
想いを行動にうつせる人間でありたいです 

chiffon-p さま

こんばんは。
そうなんです。私はラッキーでした。
本当にそう思います。

もし、仮にも私しか餌をあげるものがいなかったら、何があっても毎日通わなければいけないとすごくプレッシャーになるでしょう。
しっかりとした土台のある場所でしたから、そのようなことも全く気にせず、いわばおいしいとこだけ関わらせていただけるわけです。

外猫さんであるけどいわゆる可哀想な野良猫さんではないので、関わらせてもらうのも気持ちが楽です。
ガリガリに痩せて病気を持っているもたくさんいるでしょうに。丸々太った可愛い綺麗な子たちばかりなので、はじめの一歩としてはかなりラッキーだと思います。

maimaiさま

こんばんは。
毎日餌をあげてる方は、今日はどの子がどれくらい食べたか、誰が食べてないかとすごく丁寧にチェックされています。
いろんな人がいろんなものをあげるので、誰がどの子にどんなものをあげたかわかればいいのになぁとつぶやいておられました。
ボランティアが多いと多いで食べ過ぎに気をつけなくちゃいけないし、味の濃いものをあげる人もいるようなので身体にも良くないですよね。
どのようなことにも一長一短があり、おーるおっけー!みたいなわかり易い幸せって難しいなと思いました。

maimaiさんところに通ってる猫ちゃん。
きっとまた来るんじゃないですか?
びっくりしちゃったかもしれないけど、maimaiさんの優しさはわかっていると思いますよ。

私もごはんをあげるという、たったこれだけのことにすごく時間がかかりました。
少しずつ前に進んでいけたらいいなと思います。

ぽちさま

こんばんは。

こちらこそ、早速コメント頂戴しましてありがとうございます。
私も可愛い禅くんとなっちゃんの姿に、毎日癒してもらっています!

本当に小さな小さな一歩です。
まだ次の足も届いてないような。
焦らずに、今まで一生懸命面倒を見てこられたボランティアの方達のお気持ちを無にしないように、周りをよく見て進んでいけたらと思います。
我が家のすぐ側では外猫さん見かけたことがほとんどありませんでした。
ジョギング中、隣の駅まで足を延ばすと出会いました。
今までは家を出てからずっと帰るまで走り続けていましたが、今は隣駅までの約2キロは荷物を持って早歩きで行き、先にごはんをあげてから私の荷物番を猫さんたちにしてもらい、走りに行きます。そして約1時間後に戻ってお片付けして帰ります。
総距離は走っていた時よりも少し増えましたが、気持ちが軽くなりました。
今日は早く会いたい!と思って小走りで駅まで向かいました。

我が子が増えたような気がして、嬉しいです。

今後とも仲良くしてくださいませ。
よろしくお願いいたします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメMさま

こんばんは。
こめんとありがとうございます。

何が幸せなのかは、誰にも計り知れないものですよね。
外にいる子だから可哀想、ってことはないと思います。
もちろんご飯がもらえなかったり寒さをしのぐ寝場所がなければ可哀想ですが。
家の中で生活していなくても、ちゃんとご飯をもらって好きなように過ごせるならば、考えようによってはアンエマテオより幸せなのかもしれません。
比べることはできないけど、せめて命がつないでいけるような環境を作るお手伝いができたらいいなと思います。
プロフィール

主役1: アン Anne

2013年6月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役2: エマ Emma

2014年3月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役3: テオ Theo

2015年7月、京都生れの
ロシアンブルーです。♂


書いてる人: Anne ママ
ニャンコ大好き、アン、エマ、テオのママです。
新しい家族テオを迎え6人家族になりました。長女(ニンゲン)次女(ニャンコ)三女(ニャンコ)長男(ニャンコ)ともに我が家の大事な宝物です。
アンエマテオの可愛い毎日の様子をお届けします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加してます
こちらと↓ にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ こちらも↓ ブログランキング・にほんブログ村へ クリックしていただけると1日1回分ランキングに反映される仕組みですm(__)m
アンが家族になって
エマが家族になって
テオが家族になって
検索フォーム
リンク