今だから話せること

おはようございます。

今日はいつものアホなことばっかりの「青毛のアン」とは違います。
かなりショッキングな本当の話です。ふざけないで書こうと思います。

一昨日、すごく怖い夢を見ました。
私が一人でいるときに、強盗が入り家を占拠された夢。

これ、約19年前に本当に私の身の上で起こった話なのです。
厳密に言うと、その時は生後1歳になる前の娘と二人でいた時。

トラウマとなっているのでしょうね。
事件が起こってから、何度もこの手の夢を見るのですが、もうかなり前の話だし夢を見る回数も徐々に減って、今ではほとんど見ない夢だったのに。


テオアップ


新聞にも載った事件だったそうです。私は見てないけど。

こうやって私も娘も生きてるから、実害は一切なし!
ただ死ぬほど怖い思いをしただけ。

あの時は娘を守ることだけに命をかけました。本当に言葉通り、命をかけました。

でもね、今回の夢は守るべき対象がロシアンズだったんです。
そこは笑っちゃうよね。


長谷川博己?


「助けてください、私はどうなってもいいから、この子達だけは助けてください。」と占拠した犯人に向かって言う言葉もあの時と同じ。
違うのは、「達」と言う言葉がついただけ。

あの時と同じように、心臓がバクバク鳴ってどうやってこの子達を連れて逃げようか?ものすごく一生懸命考えてる。


エマ綺麗


本物か偽物か、私にはわからなかったけどあの時と同じように拳銃を突きつけられているから、銃口が私に向くように娘をそして夢ではロシアンズを庇い、頭の中はフル回転で考えている。
きっと偽物だったんだと思う、でもその時は本物だとしか思えなくて、普段から偽物であっても拳銃なんてテレビの世界でしか見たことないからね。

頭のおかしい人の犯行だったようで、当時住んでいた賃貸アパートメントに警報ベルがついていたので、とっさにそれを鳴らして犯人は驚いて逃げていき、事なきを得ました。

でも、逃げる時に「押しやがったな!」と怒鳴るように銃口をこちらに向けて睨まれ、あの時の犯人の怖い顔は今も忘れません。
ああ今、ここで死ぬんだろうなと思った瞬間。

その後、無意識で警察に電話し警官達が到着する間娘を抱っこしたまま玄関で座り込み、サイレンとともに警官達が駆けつけてくれたけど、ドアの鍵を開けることができず、正気を失っていた私。
電話口で、ずっと話し続けるように電話を切らないように言われて「奥さん、ドアを開けてください」と電話口でもなんども言われていたんだけど、どうやったら鍵が開くのかわからなくなってしまって。

同じアパートメントに住んでいた友達が異変に気がつき、大声で私の名を呼び叫んでくれて、その声で多分我に返り鍵をなんとか開けて。
そのあとは怒涛のような出来事に、あまり当時の記憶がありません。

事件の時の記憶だけが鮮明で。



エマ


今回の夢は、そこまでは多分みてないんだと思う。
どこで夢が終わったのかわからないけど、気がついたら目が覚めていて涙出ていた。

ああ、また生き延びれた。
そう思った瞬間でした。


アン見返り


真っ暗な中で、心臓ドキドキ鳴って夫を起こそうかと思ったけど、仕事で疲れて熟睡している夫を起こすことはできなかった。
ドキドキが治る間、いろんなおかしなことに気がついて、ちょっと笑って落ち着いた。

だってね、ロシアンズ3匹を私はいっぺんに抱いているんだよ。
あの時娘は当然一人だから、簡単に抱っこすることができたけど、今回はあのロシアンズをですよ!
しかもみんな大人しく抱かれて、当たり前のようにじっとしているの。
ありえないっつうの!


アン


私が、ハクナマタタなのはこんなことがあったからだろうなぁと思う。

生きてることに感謝、毎日幸せに暮らしていることに感謝、そして人生なんとでもなるさ!
思うように生きないと後悔するぜ!ってこと。

あの経験は二度としたくないけど、今こうやって生きてること、blogを書いてること、全てがありがたい。

こんなこと、まさかblogで書くなんて思ってもみなかったです。
でも今だから、もういいや!と思って書く気になったのかも。

人生何が起こるかわかりません。

みなさんの今の幸せが、長く続きますように!






にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
クリックしてもらえるとうれしいです!!m(__)m




コメントの投稿

非公開コメント

No title

そうでしたか。
それは怖い体験をしてしまいましたね。


今、こうやってブログに書けるという事は
きって貴方のなかでその体験が
うまく昇華された証なんだと
私は感じました。

きっときっと3ニャンちゃんも
貴方が命がけでまもって
すくすく育ったお嬢さんのように

元気に育って行く暗示ですよ。

良い夢なんだとおもいます。

Anneママさん、本当に壮絶な体験をされたのですね。
本当に怖かったですよね。
ご無事で本当によかったです。
夢にまで見るというのは、本当にトラウマになられてしまっているのですね。
ロシアンちゃん達がママさんにしっかりと抱かれている姿を想像すると少しホッコリしてしまいます(*^^*)

これから、Anneママさんが少しでも穏やかに眠れますように・・・。

本当に本当に無事で良かった‼
安全なはずの我が家に押し入られ、拳銃突きつけられるなんて、それが本物かどうかなんて一般市民に見分けなんてつくわけがないし、生きた心地なんてないですよね
自分一人なら窓突き破ってもたとえ隙をつき犯人タコ殴りしても逃げられるかも、でも幼い我が子庇いながらなんて無理(*´・ω・`)bね

一生もののトラウマなのに夢とはいえにゃん達を庇うなんて…ママさんの愛は深いなぁ

私も自業自得ですが若い頃酔っぱらって歌いながら帰ってきたら男にあとをつけられて、アパートの階段をつけながら上がってきて、女性専用のアパートだからびっくり!!( ; ロ)゚ ゚して叫んで事なきをえましたが、いまだに鍵開ける前は怖くて周りを見回します

怖い世の中ですが、自分と大切な家族を守りながら平和に生きたいですね(*´∇`*)

No title

こんにちは

うわ~、えらい話ですねぇ。
とにかく、無事でよかったです。
今回は夢とのことですが、
しっかり保護対象がロシアンズになってるとは。
まさに、心の底から家族の一員なんですね。
夢見はめっちゃ悪いでしょうが、
ロシアンズを思う心が確認できたような。
良いところの1つぐらいは、あった夢でしたかな。

No title

ママさん、そのような、生きるか死ぬかの体験があったのですね。
アメリカにいらっしゃった時のことですか?
それとも日本での出来事でしょうか。
警報ボタンを押したくだりを見て、私も一瞬、それで犯人を刺激して最悪の結果になったらどうしよう!!と息を呑みました(でも次の瞬間、ママさんがこうして生きてブログを書いていらっしゃることを思い出しました)

そして今はロシアンちゃんが守る対象になったのですか。
不謹慎ですが(でも夢のことですから笑って許してください)3匹のロシアンちゃんを抱いている姿を想像して笑ってしまいました。
おとなしくママさんに抱かれているアンちゃん・エマちゃん・テオ君の姿を想像しました。

それほどロシアンちゃんたちのことが大事な存在になったのですね。
実は私も夜、地震があった時、思わず
「ミラとステラは大丈夫!?」
と猫たちの安全確認をしました(夫は目の前にいたからなのですが)

No title

Aneeママさま、そんな恐ろしい体験をされていとは。
読んでいて、もうこちらが心臓バクバク、涙ボロボロになりました。
ご無事で良かった。ほんとうに生きてて良かったです。
拳銃が偽物だったとしても、力でどうしたって負けますもの。
警報機のくだりではもう恐怖の極限、助かってほんとに良かった。

そんな人生で滅多に無い怖い体験をされた夢で、
今度は3ニャンを庇っていたとは、Aneeママさまの、
3ニャンへの深い愛情が如実に反映されてますね。
そして、目覚めて3ニャンをしっかり抱いていたなんて、
それもまた夢のような。ニャンズも、うなされてるAneeママさまを、
心配して傍にいたのでしょうね。
お嬢さんが記憶に残らない年齢だったことが、せめてもの救いです。
今でも夢だけでなく、ハッとすることがあるのかもしれませんが、
だからこそ3ニャンが、かけがえのない存在になってるんですね。

読んでいてゾッとしました。
拳銃なんて、ドラマでしか見たことがない。
とっさに嘘だと見抜ける技も余裕もない。
頭のなかで娘さんを守るための行動だけは組み立てられていて、かばうことも警報をならすことも電話もできたんでしょうね。。
母親の深い愛情を感じました。
そして娘さんもAnnnママ様も元気で生きてくれていることに本当に感謝します!!
私も改めて生きていることに感謝します!!

※妹が砂を食べさせられていたところを目撃して、わるがききの胸ぐらつかんでぶん殴って文字どおりぶっ飛ばした母親のことを思い出しました。母親って本当に強し。

No title

Anneママさん

そんな怖いことがあったんですね・・・。
犯人はどうやって侵入してきたんだろう。想像するだけで、本当に恐ろしいです。いちばん怖いのはオバケよりもゾンビよりも絶対に生身の人間だなって思います。とくに最近、日本とは思えないほど物騒で短絡的な事件も多くて嫌だなと思っていたときに今回のブログのお話し。胃や心臓がキリキリしました。
お若かったでしょうに、きちんと声も出て、冷静に対応できたママさんてすごいなあと私尊敬します。

実は、偶然にもちょうど昨晩、寝る前に、もし自分とキャッツたちだけのときに侵入者が来たらどうやって猫たちを守るかなあと考えていたんですよ。猫たちをクローゼットに隠して、自分は隙をついて玄関から上の階に助けを呼びにいけるかなあなんて、アズキを腕枕しながらシミュレーションしていました。実際は体も動かないんでしょうね・・。

本当に一日一日を大事に精一杯、大事なことですね(^^)

nyankororingring さま

こんにちは。

ありがとうございます。
私もコメント拝見して、ああ、そうなんだ!と納得した気持ちがします。
昇華できたのでしょうかね。
うん、そうだ!

良い夢、と言っていただいて元気が出ました。
そうそう!私はなんでも良い方に考えるのが得意なんだ。
きっとそうなんだ!と思えるようになりました。

本当にありがとうございます。

あーにゃんさま

こんにちは。
コメントありがとうございます。
そうですね。トラウマだったのでしょうね。
こんな話もできなかったし、家族の中でもこの話は未だにタブーのような感じです。
触れてはいけないもの、みたいな。
いっときは心療内科のようなところにお世話になった方がいいのかな?と思った時期もありましたが、今は大丈夫。
もう、乗り越えたんだと思っています。

この夢もここ数年、見ていなかったのに久しぶりだったから、余計に自分でもショックだったんだと思います。
ご心配かけてすみません。

ミュウのママちゃん さま

こんにちは。
ありがとうございます。
ご心配をおかけしてすみません。

そう、自分一人なら抵抗していたかもしれません。
小柄な犯人でしたし。おっさんだったし。
今思えば、クスリやってるような人だったんじゃないかなと思います。

我が家には強盗目的ではなかったみたいで、「どこかに隠れるところはないか?」っておどおどと家中のドアや襖を開けて回っていました。
身を隠すところを探していたようです。
でも私はずっと目の前で拳銃突きつけられて、ドアを開けさせられたりしていたので、娘を片手に抱っこしてどうやってこの状況から逃れようかとそればかりでした。
一人なら、あんなおっさんぶっ倒していたかもしれません(笑)

ミュウのママちゃん さんも、怖いなぁ。
それはマジでヤバイっすよ。お互い何事もなくて本当に良かったですよね。
大事にこれからの人生も生きていきましょうね!

shah-san さま

こんにちは。
いつもコメントありがとうございます。

すみません、こんな物騒な話で。
でも、ドラマ見たいでしょ?本当に起こったとは自分でも思えない。
全部夢だったら良かったのに。

そうです!もう私の愛する対象はロシアンズです。なーんてね。
私はどうなってもいい、家族さえ無事ならば。
今でもずっとそう思います。

夢見は悪かったですが、コメントでいただいたように良い夢の暗示かもしれないと思ってます!

狸さま

こんにちは。
コメントありがとうございます。

日本ですよ。信じられないですよね。アメリカならまだしも。
でもアメリカなら、本物の銃だったでしょうね。おもちゃな訳ない。
だから、アメリカであのような事件が起こっていたら、本当に今ここにいなかったかもしれません。
日本だったからこそ、助かったのかもしれません。

先のコメントのお返事にも書かせてもらいましたが、多分クスリをやっているようなおっさんだったんですよ。
言動がおかしいし、警報機を押しても大丈夫かも?って咄嗟に押しました。
凶と出るか吉と出るかは、本当にわかりませんでしたが押してみてよかったと思います。

そうそう、私も吹き出しちゃったんですよ。
だって、片手に3ロシアン抱っこできるはずないのに、なんか多分みんなミニチュアサイズにでもなっていたかのような、こぢんまりとした小ささ。大人しく私を見つめてくれていて、夢なのにその時のロシアンズの顔が忘れられないほど印象に残ってます。

地震も怖いです。
それこそ、どうやって逃げようかと考えたら眠れなくなります。
キャリーはとりあえずすぐ使えるようにセットしてますが、使わないで済むことを願いたいですね。

No title

そんなことがあったとは…
Anneママさん、よくぞご無事で!!
そのときご無事だったからこそ、
私がAnneママさんとロシアンズに出会うことができたんですね。
生きてるってすごいことなんだなーって改めて思いました。

ロシアンズを抱っこですかw
アンちゃんとエマちゃんまではいけそうだけど、
テオくんも含めて、となると、確かに難しそうですねw
となると、誰かは肩に乗せるとか!?(笑)

何にせよ、夢であってよかったし、
Anneママさんが書いて吐き出すことができてよかったです^^

ポテりんさま

こんばんは。
すみません、心配かけてしまって。
私も思い出したら、泣けてきて。泣きながら記事書いていました。
でも、話したらスッキリした感じです。
今までタブーのように、家族の間でもほとんどこの話はしませんでしたし、忘れた方がいい!と思い続けていたので、改めて向き合ってよかったと思っています。

確かにそうですよね。
娘にはなんの記憶にも残っていませんでしょうね。
話を聞いて、知ってはいるけどって感じです。
しかも当時、泣きもせず私にピトッてくっついていてくれて助かりました。
あそこでギャン泣きでもしたら、それこそ犯人を刺激する!どうか泣かないで!と祈っていましたもの。
お利口にいてくれてよかったなぁと思います。

ちょうど、その日は母が娘の顔を見に、遊びに来てくれる予定だったのです。ちょうど最寄駅につくような時間だったようです。
私は母にも夫にも連絡できず、駆けつけてくれた友達が夫の会社に連絡して(ご主人も同じ会社だったので)、母が到着してから娘は母に任せて、私は夫とともに警察に行ったんですよね。
事件後、すぐに夫は家を探して引越しをしてくれて、私はあの部屋には戻ることはなかった記憶です。
荷物の整理などで訪れましたが、じっと実家で面倒見てもらっていました。
精神状態も子供を一人でみれるような状況ではなかったのでしょうね。

そう考えると、今本当に元気で家族で暮らせてありがたいなぁと思います。

からさま

こんにちは。
コメントありがとうございます。

本当にね、なんだったんでしょうね?
強盗目的でもない、ただの頭のおかしいおっさんの一人相撲に付き合わされた感じです。
拳銃も、今思えば絶対におもちゃだよねーって感じです。
我が家から逃げていく犯人を目撃した方がいらして、私以外の目撃者がいたわけですから、やっぱり夢ではなかったのでしょう。
夢だったら良かったのにと、何度も思いました。

お母様、ナイスです!
きっと私も同じことしたでしょうね。
今なら、殴った私が警察に捕まっちゃって訴えられるでしょうが(笑)
殴ってでも娘を守った、お母様本当にナイスです!

こしあんブルーさま

こんにちは。
コメントありがとうございます。

犯人ね、「宅配便です」って言ったんです。インターホン越しに。
で、私は覗き穴から確認したんだけど、人の姿が見えない。
あれ?って思ってうっかり戸を開けてしまったんです。
そしたらにゅっと拳銃を突き刺されて、あっという間に押入られて鍵をかけられました。
私は鍵をかけられた瞬間、もう逃げられない!と思って一番奥の部屋にいた娘を抱きに行きました。

あれから、宅配便もそうだし、インターホンのベルもすごく怖かったです。
でもそれでは生活できないし、いつの間にか慣れて怖くなくなって、今は普段通りです。
実は今でも一軒家には住めないかなって思っています。
集合住宅で、セキュリティーがしっかりしているところでないと嫌だなと思っています。
一軒家には憧れますが、まだ私には無理かもしれません。

クローゼットはやばいかもですよ。
強盗目的だと、片っぱしから開けられます。
ま、ニャンズ達は捕まらないでしょうけどね。全力で身をかわしてくれるでしょう。
どこか高い場所、もしくはなかなか捕まえられない場所に自力で逃げてくれると信じています。

胃が痛くなるほど、ご心配をいただいてすみません。
ありがとうございます。

るうさま

こんにちは。
コメントありがとうございます。
そうですね。吐き出せてよかったと思っています。

タブーのようになっていましたもの。
家族で集まっても、誰もこの話はしない。
みんな忘れるはずないのに、忘れた方がいいと思い続けていた事実ですから。
久しぶりに夢で見て、私もかなりショックでした。
でも、こうやって記事にすることができてよかったと思います。

あ、ロシアンズ多分ミニチュアサイズになっていたんだと思います。
笑っちゃうよねぇ。みんなでちっさくなってこっち見てるんだもの。
でもそれが当たり前と思っている、夢の中の私。
吹き出しますわ。

No title

それはまた……
どう意見を述べたものか分からないほどに壮絶な体験ですね。
わたしなどでは想像もつかないほどに恐ろしい、でも。
Anneママさまの中で
この体験が「過去のもの」として受け止められていることを願います。
咄嗟の、それもとんでもなく恐ろしい瞬間に、
最愛のお嬢さんを守るべく行動なさったこと。
人間は守るべきものが有ると強くなれると言いますが、
自分にそのような行動がとれるかどうか。
Anneママさま、心から尊敬します……!!

いつも「どーん」と構えているような、
多少のことでは狼狽えたりしないAnneママさまの強さは、
こんな経験からも来ているのかもしれませんね。

No title

Anneママさん
恐ろしい経験をされたんですね
記事を読みながら 泣けてきちゃいました
その時のママさんの気持ち 私には想像しきれないでしょうが
時空を超えてその時に行けるなら
玄関で娘さんを抱いて ペタンと座り込んでるママさんを
抱きしめてあげたいと思いました
大丈夫よ もう怖いことは起こらないから

きっとロシアンズは脱兎のごとく逃げ回って
銃口向ける隙も与えないはずよ〜〜www

No title

Anneママさんにこんな怖い思いをさせるなんて、
犯人許せないです!
怪我をさせたとか物を盗ったとかじゃなくても、
十分ひどいことしてます。
娘ちゃんが小さかったから覚えてないのが
せめてもの幸いです。

ロシアンズはAnneママさんに心から守られているのねー。
3にゃんを一手にまとめるのは
平常時でも難しいでしょうが、
今から避難訓練として練習しときますか?

もんちゅちゅ さま

こんばんは。
コメントありがとうございます。
過分なるお言葉、恐れ入ります。

どうなのでしょうね。
本当に娘を助けることしか、その時は頭になかったですね。
確かに母になるというのは、強くなるということなのかもしれませんね。
もう、理屈ではないんですよね。
絶対に起こってはいけないことですが、もしゆきちゃんに危険が迫ったら迷わずもんちゅちゅ様も同じことをされるでしょう。
そういうもんだと思います。

あはは、どーんと構えてるのはオチリがでっかいから?
いやーん、そこは言わないでぇ。

ぽちさま

こんばんは。
コメントありがとうございます。
すみません、ご心配をかけまして。
時空を超えてなんて、私が感動して泣いてしまうじゃないですか。
本当にお気持ちが何よりも嬉しいです。ありがとうございます。
抱きしめてもらうのは、いつでもウェルカムですよ。
来ていただくのはアレなんで、行きましょか?(笑)

ですよね。ロシアンズはきっと絶対捕まらないと思います。
爪切りが嫌な時、本当に絶対捕まらないですからねぇ。
普段はそんなに嫌がらないんですけどね。そんな時もあるんだなぁ。

chiffon-p さま

こんばんは。
ありがとうございます。
そのように言ってくださって。
私も許せない、けど今生きていることで良しとします!

普通の人ではなかったようだからこそ、余計に危険もあったのでしょうね。
生も死も一瞬の差で決まる、背中合わせというのがよくわかった気がしました。

夢の中ではロシアンズ、ミニチュアサイズだったようです。
この今のサイズでは片手は無理だなぁ。
訓練したらできるようになるかなぁ?

平穏無事

遅ればせながらこんばんはです。
Anne ママさん!!そんなコワい体験されていたなんて・・・!
たまに書かれている地震でのお話しも、
苦労されて大変で・・・辛い思いをされたのだろうな・・・
と感じていたのですが、その後にもこのようなコトが(T_T)
本当にご自身もお子様もご無事でよかった!!
ご主人のその後の対応も素晴らしいですね、
Anne ママさんとお子様への愛情の深さが伝わりました。
辛く悲しい出来事ではありましたが、今、こうして毎日
Anne ママさんのBlogを拝見できることがとても癒しであり幸せです。
これからも無理はせずAnne ママさんのペースで、
カワイ子ちゃんたちの成長を記録してください。
楽しみにしています。

今日はまじめに締めくくるにゃ美なのでした~ヾ( ̄o ̄;)オイオイ

にゃ美さま

こんばんは。
あたたかいコメント、ありがとうございます。
過分なるお言葉を頂戴し、お尻くすぐったいです。

そうですね。確かに被災者でもありましたね。
あはは、自然の怖さと人の怖さ、両方体験しちゃいましたね。
でも、こうやって生きている今に感謝してます。

夫にはもちろん、両家の両親にもかなり心配をかけました。
そして事件を知っている友達も本当によくしてくれました。
みんながそうやって、支えてくれたからなんとか頑張らないと!っていうと、私がこのまま引っ込んでしまったら、娘の成長に悪影響を及ぼすかもと二つの思いによって、なんとか踏ん張って立ち直れたんだと思います。
震災の時も顔も知らない方々に支えてもらい、助けてもらいました。
いつかは私も恩返しがしたいと思っています。

長い時間かけて、やっとリハビリ終了って感じです。
今日はみなさんのコメントのおかげで、本当にそんな気持ちになれました。
ありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

書くことによって、怖かった心の中の塊が、少しでも解放されますように・・・

大変な苦痛、辛い思いを体験したからこそ、今の自分がいる!
そう思って、苦しみを体験したご自身を褒めてあげてくださいね^^

でも、でもでも、火事場のバカヂカラというか、本気の時は、ロシニャンズトリオも、片手で抱けるかもしれっませんよww

鍵コメMさま

こんにちは。
コメントありがとうございます。

私もこうやって今、Mさまとやりとりできる幸せ、実感しております。
Mさまも怖い夢みるのね。
本当に怖い時、声が出ないというのわかります。
声も出ないほど、怖いんだけど何とか声にしたいという気持ちばかりが焦ってしまうのでしょうね。
私も当時、頭のおかしなおっさんじゃなければ、まともなと言ったらおかしいけど、本物の強盗目的の犯人に対してなら声が出なかったかもしれません。
この人おかしい!と思ったから、何とかこっちのペースにせねば!と無意識に感じたのだと思います。
野生の勘みたいな感じ。
で、何か喋っていれば誤魔化せるかも!とか思って、娘だけはって情に訴えたのかもしれません。
今となっては、自分のことですら推測することしかできないけど。

私、子供の頃からすごい反抗娘で両親を本当に困らせてきたと思います。
グレるようなタイプではなく、パッと見良い子でお嬢様なのに中身はエグいやつみたいな。
わがまま、というか大事に大事に育てられすぎた?と親のせいにしてしまいそうですが、本当に世界は私を中心に回ってると思い込んでいたタイプ。
でも、震災やこの事件を通して、生きることの大切さや人の温かさを知ったのは事実だと思います。
今の私はこれらのことが影響して作られた、と言ってもいいのかもしれないですね。

あ、ツラの皮が厚いのはずっとですな。腹の皮も。
ガビーン。

ほんなあほな。さま

こんにちは。
コメントありがとうございます。
実際に書いてる時も、ブルブル震えて、あまりの挙動不審にテオが不審そうな顔して私をガン見してました。
大泣きしながら書いてましたしね。
でも、怖い怖いと思いながらも書けてよかったと思っています。

そうか。
火事場のバカヂカラ!確かに。
その時は子猫のようにテオは咥えて、アンエマを両手に抱えて逃げることにします!
プロフィール

主役1: アン Anne

2013年6月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役2: エマ Emma

2014年3月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役3: テオ Theo

2015年7月、京都生れの
ロシアンブルーです。♂


書いてる人: Anne ママ
ニャンコ大好き、アン、エマ、テオのママです。
新しい家族テオを迎え6人家族になりました。長女(ニンゲン)次女(ニャンコ)三女(ニャンコ)長男(ニャンコ)ともに我が家の大事な宝物です。
アンエマテオの可愛い毎日の様子をお届けします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加してます
こちらと↓ にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ こちらも↓ ブログランキング・にほんブログ村へ クリックしていただけると1日1回分ランキングに反映される仕組みですm(__)m
アンが家族になって
エマが家族になって
テオが家族になって
検索フォーム
リンク