迷子猫、その後

こんばんは。

本日は、コメ欄を閉じておりましたのにたくさんの応援コメント、そして心強いアドバイスの数々、本当にありがとうございました。

午前中いっぱいは鳴き声も時々聞こえて、私も外に出てみましたが一度も姿は見えず。
私が降りると鳴くこともやめてしまう状態でした。

お昼前から現在21時過ぎまで、その後一度も鳴き声が聞こえなくなりました。
一切聞こえません。
もしかして、昨日のは夢だったんじゃないかと思うほどの静けさ。


エマ 


いただいたコメントの中で、置き餌をする為に管理人さんに尋ねに行ったり、近くで活動している保護団体を探したり、できることはやってみました。
市の衛生局にも電話をかけて聞いてみましたが、いわゆる野良猫に関してはまったく何の役にも立たない機関だということを認識したのみ。

声が聞こえたら、すぐに行こう!と準備しながら、時間は過ぎ。
その間、もちちまきちゃん、NYAROさんと連絡取りながら、色々アドバイスもいただきました。

私がやったことは、むしろ迷子の猫をもっと迷子にさせることだったかもしれない。
怖がりな子は人間が来たことによって、もっと逃げなきゃ!って場所を変えて、どんどん遠くへ行ってしまいかねない。
もし、迷子ならばママが迎えに来るかもしれないのに、追いかけてしまえばママからもっと離れてしまうことになる、ということを教えていただきました。

でも、あの雨の中鳴き声を聞いたら、何もせずには居られないから、それで良かったんだよと私の行動を責めることなく、温かい言葉をかけてくださいました。

何も知らない人間が、なんとかしたい!と思う気持ちだけではどうにもならないこともある。
やはり知識と経験が必要。

今現在、鳴き声がぴったり止んだことを考えると。
一番ハッピーな状況は、ママが迎えに来て無事にママの元に帰れたということ。

そして一番最悪なことは、どんどん遠くへ行ってしまって未だお腹をすかせて流離っているという事。
それ以上最悪なことは、考えたくないので。

今はもし、もう一度でも鳴き声が聞こえたら、保護団体の方に連絡してその指示に従おうと思っています。
NYAROさんがその道のエキスパートの方を教えてくださったので連絡取ろうと準備しています。

皆さんにたくさんのご心配をおかけしましたが、このまま鳴き声が聞こえない日々が続いたら、私はきっとママの元に帰れたんだと良い結果であったと喜ぼうと思います。


本当に皆さん、ありがとうございました。
無力な私を応援してくださって、ありがとうございました。






にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
クリックしてもらえるとうれしいです!!m(__)m






プロフィール

主役1: アン Anne

2013年6月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役2: エマ Emma

2014年3月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役3: テオ Theo

2015年7月、京都生れの
ロシアンブルーです。♂


書いてる人: Anne ママ
ニャンコ大好き、アン、エマ、テオのママです。
新しい家族テオを迎え6人家族になりました。長女(ニンゲン)次女(ニャンコ)三女(ニャンコ)長男(ニャンコ)ともに我が家の大事な宝物です。
アンエマテオの可愛い毎日の様子をお届けします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加してます
こちらと↓ にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ こちらも↓ ブログランキング・にほんブログ村へ クリックしていただけると1日1回分ランキングに反映される仕組みですm(__)m
アンが家族になって
エマが家族になって
テオが家族になって
検索フォーム
リンク