窓辺改造計画、その1

おはようございます。

エレクトーンを置いていた場所、その後少しずつ改造計画始めてます。
エマちゃん、気持ちよさそうに寝ているのはその跡地。


エマ綺麗


IKEAでオープンシェルフを買ってきて、組み立てました。
私の中では、この場所に背の高いキャットタワーを設置して、わーい!って感じで遊べるところにしたかったのですが。
考えてみたら、この場所は日当たり最高、そして写真を撮るのにも最高に綺麗に光が入る場所。

ここを大きなキャットタワーで塞いでしまうにはあまりにも勿体無い。
そしてカーテンシェードの紐が巻いてある場所だから、触ってしまう危険性もある。


エマテオ


ってことで、腰窓の高さよりも上に出ることなく、窓辺でしっかりと外を観れるようにキャットウォークと棚を設置しようと決めたのです。

オープンシェルフにしたのは、光がいっぱい入るようにとベランダのグリーンが見えるように。
狭い家でも向こう側が見えることによって、ちょっとゆったりした感じになるかなと思って。


ラック


シェルフがむき出しのままだと、意外にもロシアンズは上に乗ったり中段に入ったりしない。
だからドームベッドを新しく買って、そして既存のキャットトンネルを分解して、はめ込んでみた。


テオ


物が入った途端、まんまとインするテオ。
このドームベッド、最初は一つだけしか買わなかったのですが、すっかりテオ専用になってしまったのでもう一つ買い足したのです。これでアンもエマも使えるよー。


窓辺


先週までが上記の感じ。
シェルフを組み立てただけ。
そしてそのシェルフは足がないものだから、これから足を取り付ける予定なので、うちにあった木材で底上げしています。

まだ、キャットウォークは取り付ける前の様子です。


エマガン寝


たったこれだけでも、リビングで過ごす時間が一番長いエマはご満悦の模様。

アンテオは毎晩寝室で一緒に寝ていますが、エマだけリビングでお一人様で寝てますからね。
朝エマの様子を見るたびに、いろんな場所で寝ているので、余程気に入ったのかなぁと嬉しくなっています。


エマよ


エマ、ここが気に入ったの!

うん、お日様も燦々いっぱい入るし、背景のグリーンも美しいし良い場所だよね。


ここでも


エマが使っている、グレーのクッションはテオのチッコテロ防止のためシェルフにインするのが基本。
トイレが済んで、エマが上で寝たそうにしていたらクッション移動。

移動型のベッドとして活躍してくれています。
シェルフの中でもオッケー。上でもオッケー。エマも楽しんでくれています。


箱エマ


キャットトンネルでももちろんオッケー。

今はリビングの主である、エマのものみたいですが。

これからきっとアンも使ってくれると思うなぁ。
今はまだアンはバリバリ警戒中。

テオも基本、ママにべったりだからこの場所に固執することもなし。

さ、キャットウォークが完成したらどうなるかなぁ。
明日のお楽しみに。



Tres Elegantes gatos Azules





にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
クリックしてもらえるとうれしいです!!m(__)m





コメントの投稿

非公開コメント

No title

窓辺の特等席がロシアンズにとって楽しい場所になりましたね♪
スッキリしていて、居心地も良さそう~
でも、スケルトン状態だと入らない・・・って不思議@@/
家なら、組み立てた段階で、1コーナーに1猫が収まりうそうだけどww

で、ここなら、ミニトマトの観察日記も付けれるわねw
ベランダ作業中も、みんなの注目を浴びれそうだしw

No title

こんにちは

素敵な窓辺になりそうですね。
Anneママさんもロシアンズも、
見て良し、くつろいで良し、そしてたぶん遊んで良し。

こうしていろいろ計画してる段階、
作り上げる途中の段階、ってのが
一番楽しい時期でもありますよね。

No title

キャットウォーク、めちゃくちゃ楽しみだッ
エマたん、素敵な場所見つけたね~
後ろで見えるグリーンたちがエマたんの大好きな
虫さんたち(獲物ともいう)を読んでくれるから
寝ながら、どーやって狩ってやろうかと考えるのも
きっと楽しいよね~

No title

エマちゃん 背景のグリーンもステキで
とっても美しいわ。こんなハガキが売ってたら
私買っちゃう♪
日差しのいい窓辺でのお昼寝は★.:゚+。☆ヽ(最´∀`高)ノ★.:゚+。☆
これから キャットウォークの完成が楽しみですね。
キャットトンネルもこんな使い方があったなんで
目からうろこです。

エマちゃん良かったね〜
なんかとっても素敵で居心地が良さそうなオープンシェルフ。窓から緑も見えて、落ち着くよね〜
これにキャットウォークまでできるなんて、羨ましいね〜どんなふうになるのか楽しみです。

No title

いいわねー。

わたしも指が痛くてもうたぶん鍵盤押せないから
電子ピアノ処分しちゃおうかなあ。
その昔、おとさんに無理いって買ってもらったのでなかなか
踏ん切りがつかなくって・・・

キャットウオーク、みんにゃ大喜びだろうなー
楽しみ!

No title

いいですねー。
オープンシェルフで奥行きが出るし、
色々なベッドが入っているのが楽しいですヽ(^o^)丿
クッションやベッドを変えるプチ模様替えも楽しめそう♪

エマちゃんの寝方に、お気に入りのほどがよく表れていますね。
アンちゃんは警戒中かぁ。
慎重な性格ですねぇ。

No title

わぁ!素敵~♫
お猫様マンションのようですね
好きなベッドで寝る、そして屋上からお外を観るって
漢字かしら?
キャットウォークが付くの、楽しみ~(ワクワク)

ほんなあほな。さま

こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。

スッキリ!っていうのを目標にしました。
きっとそのうち、ごちゃごちゃになるだろうなぁって見越してね。うふふ。
うちの子たちは、スケルトン状態だと落ち着かないのかもしれない。
どこかにこっそり入ってる、っていうのが好きみたいね。

ベランダで水やりしていたら、目があうのよ。
主にエマと。
嬉しい瞬間です。

shah-san さま

こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。

お褒めいただき、光栄です。
ありがとうございます。

そうなんです!
ああでもない、こうでもない、やっぱりこっち?ってあれこれ言ってる時間が、本当に楽しかったです。

NYAROさま

こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。

最初の私の思い描いていたものとは大きく離れたけど。これでよかったーと思っています。
もし背の高いものを置いていたら、きっと出かけるたびに無事にいるかなぁ、カーテンの紐触ってないかなと常に心配していたと思います。
でもこれは何の心配もいらない。
やはり安全面を重視するのが一番だね。

Cocomama さま

こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。

うふふ、エマってすごくグリーンが似合うんですよね。
色が白いから余計に似合うのかな。

キャットトンネルは、我が家はいろんな組み立て方してますよ。
常に一緒ではないの。
遊びながら邪魔されながら、壊したり作ったりしてます。

めーさま

こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。

お褒めいただき、ありがとう!
せっかく明るい場所なので、思いっきりそれを生かそうと思います。
みんなが気に入ってくれたらいいなぁ。

路地猫さま

こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。

うんうん、私もそれがすごく悩んだの。
私のお誕生日プレゼントに買ってもらったものだから。
大事にずっと置いておきたい、と思う反面。
使わないんだったら、生きてるうちに(動いている間に)誰かに活用してもらいたいと思って。
踏ん切っちゃいました。

chiffon-p さま

こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。

そうなんですよね。
何も置かなくてもスッとして気持ちいいし、こうやって置いても向こう側が見えたら明るいし。
ちょっとした模様替えを楽しめそうでしょ?

エマ、リビングの主ですからねぇ。
好きなようにしてますよねぇ。
アンは反対に寝室の主だなぁ。
寝室のものに関しては結構寛大なんだよね。

zukoさま

こんばんは。
いつもコメントありがとうございます。

そうね。確かにマンションみたいですよね。
猫友さんで、メゾンドなんとか、みたいに名前をつけていらしたから。
私もメゾンドロシアンズとか、名前決めちゃいましょうかね。

キャットウォーク、短いけど楽しそうよー。
プロフィール

主役1: アン Anne

2013年6月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役2: エマ Emma

2014年3月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役3: テオ Theo

2015年7月、京都生れの
ロシアンブルーです。♂


書いてる人: Anne ママ
ニャンコ大好き、アン、エマ、テオのママです。
新しい家族テオを迎え6人家族になりました。長女(ニンゲン)次女(ニャンコ)三女(ニャンコ)長男(ニャンコ)ともに我が家の大事な宝物です。
アンエマテオの可愛い毎日の様子をお届けします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加してます
こちらと↓ にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ こちらも↓ ブログランキング・にほんブログ村へ クリックしていただけると1日1回分ランキングに反映される仕組みですm(__)m
アンが家族になって
エマが家族になって
テオが家族になって
検索フォーム
リンク