六甲ミーツ・アート

おはようございます。

昨日は久しぶりの晴天。
通り雨も降ることなく、1日すっきりとした青空の下で過ごすことができました。

お昼過ぎに、ふと思い立ってパパとドライブ。
行先も全く決まってなくて「どうする?海行く?山行く?」なーんてくらいの曖昧な状態で、なんとなく出かけたんですよ。

六甲山にでも行こうか?ってことで、表六甲ドライブウェイから六甲ガーデンテラスへ。


六甲ミーツ・アート


思いがけず、ちょうど昨日から始まったばかりの六甲ミーツ・アートを見ることができました。


六甲枝垂れ外観


上の写真は六甲枝垂れ。
これはガーデンテラス内の自然体感展望台として、作られたオブジェ。


六甲枝垂れ


外観はヒノキや花崗岩を使用してあり、内部は六甲山の風や太陽の熱などの自然のエネルギーを活用した、面白い設計をされています。

そんな六甲枝垂れの内側に、六甲ミーツ・アートで選ばれた現代アート作家さんの作品が展示されていました。


上坂直


私、声を上げてしまいました。

まるでシルバニアファミリーかと思うような、小さな小さなお部屋がいくつか並んでありました。


上坂直


一部屋一部屋、ものすごく丁寧で細かい作り。


上坂直


それはホテルの一部屋であったり、レストランの一角であったり。


上坂直


あまりの芸の細かさに、感嘆の声を上げてしまいましたの。

だってね。
ホテルのお部屋は、もう寸分変わらぬっていうほどそのまんま作られた感じで。
マスクが置いてあったり、照明からはコンセントの線まで引っ張られてあったり。


上坂直


上坂直さんという、兵庫出身のお若いアーティストさんが作られたものです。
本当にそのまんまなの。
レストランで、食べ終わった汚れたお皿の様子など、決して美しくはないものまで、綺麗に再現されていて。

あまりの可愛さ、丁寧さ、美しさに驚きました。


六甲枝垂れ


昨日はまた暑さがぶり返したような晴天でしたが、六甲山頂はとても過ごしやすく、涼しく感じました。
ススキも穂を実らせ始め、すっかり秋の景色でした。


ススキ


この場所は何度か通り過ぎたことがあるし、子供の頃は両親に連れられて遊びに行った、六甲山フィールドアスレチックに隣接しているのですが、ゆっくり楽しんだことはなかった場所でした。


イングリッシュガーデン


イングリッシュガーデンもありました。
ちょうど撮影に来られていた、花嫁さんもおられて。
幸せいっぱいなお顔、見せていただきました。


景色


これほど見晴らしの良い状態は、初めてじゃない?っていうほど澄み切った空気。
大阪梅田やあべのハルカスもくっきり見え、そして関空や奈良の方まで分かるほど見えました。


サイダー


ふらっと立ち寄っただけなのに、とても充実したドライブ、散策を楽しめました。
六甲山、登山もいいけど、たまにはこんなお散歩もいいなぁって思いました。



Tres Elegantes gatos Azules





にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ
クリックしてもらえるとうれしいです!!m(__)m




プロフィール

主役1: アン Anne

2013年6月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役2: エマ Emma

2014年3月、京都生れの
ロシアンブルーです。♀


主役3: テオ Theo

2015年7月、京都生れの
ロシアンブルーです。♂


書いてる人: Anne ママ
ニャンコ大好き、アン、エマ、テオのママです。
新しい家族テオを迎え6人家族になりました。長女(ニンゲン)次女(ニャンコ)三女(ニャンコ)長男(ニャンコ)ともに我が家の大事な宝物です。
アンエマテオの可愛い毎日の様子をお届けします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
ランキングに参加してます
こちらと↓ にほんブログ村 猫ブログ ロシアンブルーへ こちらも↓ ブログランキング・にほんブログ村へ クリックしていただけると1日1回分ランキングに反映される仕組みですm(__)m
アンが家族になって
エマが家族になって
テオが家族になって
検索フォーム
リンク